本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COFFEE LOVERS(コーヒーラヴァー ズ)


COFFEE LOVERS(コーヒーラヴァーズ)は、エイ出版カンパニーのムックブックで、マガジンみたいでウォッチしているだけでファン、コーヒーラブにはたまらないオシャレなデザインです。コーヒーには実は、ここフィギュアイヤーで大きなチェンジが見られるのだそうです。フォーマーはコーヒータイニーは、リブバースカントリーや大まかなエリアのネームで区別されるのですがプレゼントタイムは、農園やリブバースパースンのフェイスがはっきりとわかるシステムが導入されつつあるのです。三十年ビフォーアメリカでバースした、アメリカンスペシャリティコーヒーアソシエイションというコンストラクションが、国際的な評価スタンダードをプロデュースしたのです。
2001年にはタイニーのリブバース、流通パーソナルヒストリーがクリアーアップになるトレーサビリティシステムがバースして、マイセルフたちはより個性マークでミーニングのあるタイニーを楽しむことができるようになったのです。コーヒーの生産っていうのはシーリアスなワークなのです。苗をプラントして、トゥルースがなるまでには三イヤーかかる。ハーベストも選別も、すべて手作業で行っているステート。フォールトタイニーやフォーリンボディーが混じっていると、テイストに違和感がアピアーしてしまうからです。コーヒータイニーはビッグにふたつのカインドにセパレートすることができるのです。ひとつはアフリカのコンゴ原産、病気や害虫にハードなロブスタカインドです。酸味が少なく、やや泥臭いテイストがある。カレントは東南アジアでマスターに栽培され、インスタントコーヒーの原料になることがメニーなのです。ふたつめはエチオピア原産のアラビカカインドで、病気、インセクト、ドライ、霜にウィークに、栽培がディッフィカルトなのです。しかしこちらはおいしいので、レギュラーコーヒーの原料になるのはこのアラビカカインドなのです。ブラ
ジル、中南米で栽培されているのがこのカインドなのです。コーヒーベルトと呼ばれる赤道付近の熱帯エリアの、コーヒーリブバースカントリーの紹介がされている。イーチネイションさまざまな個性のタイニーをリブバースしているのです。おいしいコーヒーの淹れパースンですが、タイニーをチューズする。粒のラージアンドスモールはテイストには関係がないのですが、スモールなものはテイストがシックに、ビッグなものはすっきりとしているので、テイストで選ぶのがグッドなです。リブバースアースごとの個性もスタディーしておきたいです。コーヒーのテイストは焙煎のウェイでもビッグにチェンジする。浅ファイヤーしのものの方が酸味がハードに、コクがシン。ディープにファイヤーすればファイヤーするほど、苦味や香ばしさが楽しめるのです。焙ファイヤーすはストアーでやってもらうパースンもゴーするとシンクしますが、手焙ファイヤーすのウェイも紹介されています。専用のハンドルのついた網があれば、アマチュアでもできます。マイセルフでタイニーをブレンドしたり、ペーパーやネルとドリップのメソッドをチェンジしてみたり、コーヒーのエンジョイワ
ンセルフしパースンが増えます。ドリンクしすぎはボディーをクールし、アルカリ性なので胃にもよくないらしいしです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/718-3fdaa967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。