本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超ライトノベル実戦作法


「超ライトノベル実戦作法」バーバラ・アスカ、若桜木虔著は、若桜木さんのストーリー作法書で、ストーリーを商品として成り立たせる試みにあふれています。ヤングなライターウィッシュのパースンがリードすると、冷や水を浴びせられたような、フィールレットダウンするようなソウトがあるかもしれません。このような、ひいた目線をホールドすることも、ネセサリーなのではないかとシンクします。ライトノベルライターウィッシュのパースンが、新人賞を受賞することをパーパスとして書かれているのです。ニューフェイスプライズを受賞するためにベストネセサリーなことは、ワークに個性があることなのです。プライズに応募されるワークは、90%がシミラーしたような傾向にある。そのインサイドでスタンドアウトするワークをライトすることが、選考を突破するためのベストのウェイなのです。ライターが定義するところによると、ライトノベルとはフォローイングのコンディションをフィルしたワークであるといえるのです。・アピアランスキャラクターがヤング。・文体がヤング。・テーマが「青春」である。これが満たされていれば、ライターのエイジがプロブ
レムになることはないというのです。ライトノベルの業界では、エイジパースンはデビューできないといううわさがあるのですが、これはタウン伝説のカインドであるといえるのです。エイジパースンが受賞できないのはひとえにそのワークのせいなのであって、デビューにエイジは関係ないと言いカットすることができるのです。エイジのせいだとシンクするヒューマンは、文体にエイジを感じさせるものがあるのではないだろうか。ヤングなヒューマンに読んでもらうなりして、冷静なデシジョンをしてほしいというのです。個性的、ヤングなストーリーをライトするために、マイセルフたちはどうすればいいのだろうか。ライターはブックのインサイドで、よいワークはどんどんパクろうとクレイムしているのです。センテンスそのもの、キャラクターをパクるのはいけないのですが、没個性をゴーパーストして、それは盗作になるからです。ネセサリーなのは、枠をクリエイトすることなのです。完全にフリーダムなイマジネーションでライトするワークは、よいものとはいえないことがメニーというのです。現実にあるモデルを想定し、メルトダウンしないストーリーをライトする
。実在のビジネス、ステージをモデルにするため、ミニマムの下調べもインポータントだというのです。この辺りをフリーダムにしすぎると、ナレッジのあるヒューマンにとってばかばかしい、荒唐無稽のストーリーになってしまうというのです。既存のストーリーのキャラクターを分析して、その要素を詰め込んだキャラクターをクリエイションするのもよいのですが、そのときは、キャスト、ステージをもとのストーリーとがらりとチェンジするとグッドというのです。流行のワークの、シミラーしたようなキャラクターのストーリーは辟易するほど集められてくる。そのインサイドで、きらりとシャインするワークを書いていきたいものです。ライトノベルライターウィッシュのパースンに、作者がおすすめするのは、ライトノベル以外のワークをたくさんリードすることだというのです。ライトノベルのワールド以外から、たくさん発想をもらって、マイセルフのワークに活かせばよい。ストーリーのワールドでは、パターンはある程度出そろっているといえるので、ストーリーの骨組を真似ることは悪くないのです。ライトノベルのワールドに偏り過ぎないように。よいワークと出
会えたら、それをサークルコピーすることもよいプラクティスになるのだそうです。スポーツでいえばジョギング、ファンデーション体力をつけるプラクティスになるのだというのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/720-3b7631fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。