本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいいころを過ぎたら アン18歳


「かわいいころを過ぎたら アン18歳」青沼貴子著は、チャイルドが大人になるモーメント、ポピュラーの育児コミック「ママはぽよぽよザウルスがラブ」の続編で、成長したチャイルドを描いたブックです。長男のリュウくんのバージョンもあるのですが、ディスタイムはガール、アンダディーのストーリーです。アンダディーはハンドのかからないチャイルドなのでマザーは、待望のガールにたくさんドリームを抱いていたのです。マザーは、けっこうミーハーで、イケメンムービーは必ずウォッチするし、ジャニーズがライクベリィマッチで、かわいいクローズズがラブで、アンダディーにもフリルやフラワーがついた、かわいらしいクローズズをウェアーしてほしいと願っているのです。アンダディーは、マザーとはまったくディッファレントするウーマンに育ってしまったのです。洋服はシンプルなものがラブで、Tシャツとウェアーアウトしたジーンズを格好よく着こなすガールになのです。トゥギャザーに下着をバイしに行っても、豹柄とか、ブラックのセクシーなものばかりを選んでくるのです。お母さんはガールらしい、ロマンチックなものをボディーに
ジョインしてほしいと思っているのです。アンダディーは、エスカレータースタイルの女子高に通っている。フレンドもメニーに、充実した高校ライフを送っていたようだ。ある日、アンダディーが高校を辞めると言いテイクアウトした。ダンサーになりたいから、その練習に時間をスペンドしたいと言うのだ。マザーは戸惑った。アンダディーは、ずっとヒューマンと違ったことをしたがらないチャイルドなのです。それなのに、突然ヒューマンとディッファレントするロードをゴーしたいと言いテイクアウトしたのです。周りのヒューマンはオポジットだったが、デシジョンのハードさに両親はブレイクした。アンダディーはニューズシステムの高校を卒業することをコンディションに、これまで通ったスクールを退学することにしたのです。アンダディーはダンス漬けのエブリデイを送っている。バイトはウィーク三日。マンスに一ディグリー、ニューズシステムの高校の登校日がある。そのほかはエブリデイ、ダンス、ダンス、ダンスだ。
ドレスプライスもかかる。イベントにアピアーするときは、ステージアピアランスマテリアルを支払わなければならない。ギャラをもらえるポジションではないからだ。おしゃれをするにもリードするものがない。クローズズはオールドクローズズハウスさんでセールシングをルックフォーし、ヘアーはマイセルフでカラーして美容院プライスをレイズし、アンダディーは懸命にがんばっている。アンダディーはダンススクールに就職することができた。ステージでダンスするダンサーを目指しつつも、とりあえずはライフのフードをポッシブルするメソッドを選んだのです。ニューズシステムの高校も卒業して、アンダディーのドリームはまだ始まったばかりです。チャイルドなんて、親が思ったとおりの人生をウォークするとは限らないのです。アンダディーのチョイスはとても厳しい、シーリアスなものなのだとシンクする。高校くらいちゃんとアピアーしなさいと言ってしまうだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/724-2b48403d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。