本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学がSFを超える日─萌え 萌え未来科学講座─


「科学がSFを超える日─萌え萌え未来科学講座─」未来科学講座制作委員会著・編集は、グレードスクールスチューデントのときにライトセーバーを真似て、蛍光ライトをふりまわしたウーマンがいたが、やりたくなるフィーリングがわかる。SFストーリー、ムービー、アニメにアピアーしてくるマターを、現実のサイエンスとすりジョイントゥギャザーして解説をしたブックです。萌えで売ろう、もとい、学ぼうシリーズなので、ガールの萌えイラストがウェルス。フィットに息抜きしながら、ファンにリードし進めることができる。ビギニングに、SFに出てくるキーワードが、スペースコロニーです。ムーンや火星に殖民をすることも、スペースコロニーの一カインドと考えられる。ブックでは、ホワットもないスペーススペースに、居住ポッシブルなビルディングシングをプットすることを定義している。実現はポッシブルですがカレントでは、コストフェイスやセーフティーフェイスから、実現化することはディッフィカルトとされている。コロニーの発想は、環境悪化、資源の枯渇、コモントーク増加などから、マンカインドがアースに住めなくなるのではない
かというフィアーをもとにしたものであった。人類は、未だアースのオーバーに居住ポッシブルな空間を有している。技術的にはポッシブルなのである。ビルディングシングは球体にする。回転させ、どのプレイスでも均等な重力をポッシブルするためだ。周りにミラーを設置し、太陽光をテイクインすればプラントのトレーニングもできる。資源がないので、他プラネットとのトレードは欠かせない。そのミーニングでは、テロなどによって住民の安全が脅かされるポッシブルカスタムがエマージェンシーにハイ。実現がポッシブルであるイベントの一つとして、レーザーガンがあげられている。レーザーとはカインドのライトで、指向カスタムがハイという特徴がある。ファーアウェイのマークに、ピンポイントでヒットすることができれば、兵器としてイナフにプラクティカルユーズできるのです。コストもチープ。弾薬ではないので、破壊されたとしてもそのリスクはエマージェンシーにショート。スタディーは進んでいるようだ。ピンポイントでマークをキャプチャすることができるので、人道的だとの見方もある。反重力、ナノ、透明ワールドなど、インタレスティングなキーワ
ードはたくさんあるが、現実のヒストリーとSFのプログレスについて書かれたセンテンスがとてもベリィインタレスティングかい。SFの黎明ピリオドは19センチュリー、ジュール・ヴェルヌがアクティビティーしたタイムとされている。そのタイムマンカインドは、たくさんの未開のプレイスを持っていた。20センチュリー、アースオーバーに未知のプレイス、島がなくなると、ヒューマンのイマジネーションはスペースへ。ロボットのジェネラルアイディアが現れたのもこのタイムだ。ワールドグレートウォーが終わったタイムには、SFのドローするフィーチャーは荒涼としたワールドとなりエンドした。核ウォーアフターの絶望のワールドがメニーに書かれたピリオドだった。スペース開発がビギンすると、ディスタイムはスペースヒューマンとのコンタクトが語られるようになった。スペースが開発されるようになると、ライターたちのイマジネーションは、ワールドたちが宇宙へジャンプアウトしていくストーリーをベアーする。明治時代のジャパンで活躍したSFライターのフィーチャー予想が紹介されている。1990年には傷跡が残らな
い外科手術のアートが開発される。2040年には、ホールボディーヒューマンワーク臓器化による不老不死がポッシブルになる。2940年には、全マンカインドは金星への移住を完了する。2941年、彗星のコンフリクトによるアースの滅亡する。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/725-1b1508e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。