本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横道世之介


「横道世之介」吉田修一著の横道世之介は18歳で、長崎のポートシティーでボーンし育った。ユニヴァーシティー進学で上京した、ヒーのワンイヤースペースを描くストーリー。80年代を描いているので、当時スチューデントだったパースンにはディアーなソウトがあるかも。新宿ステーションイーストエントランスの駅前広場をふらふらと歩いてくるヤングマンがいる。ふらふらしているのは体調がディッフィカルトなわけではなく、ショルダーにかけたバッグがヘヴィかららしい。上京したばかりの横道世之介の描写だが、目線のファーさに違和感のようなものをフィーリングはしないか。実はこのストーリー、20年アフター、つまりカレントから過去をターンヘッドするというフォームになっている。回想レコードであるわけだ。そのため、アピアランスキャラクターたちのその後のライフがチャンスにタッチして語られる。エピソードはどれもリアルだ。するとなぜか、80年代のジャパンのおおらかさ、コミカルさ、横道世之介のシンプルさ、ヒューマンのグッドさが際立って感じられてくる。いいピリオドだった。いいヒューマンがいた。エンプティード
リームにメイクメリーするファンさと、それからウェイクした切なさが味わえるストーリーだった。横道世之介は東京にやってきた。新入生が7000人もいるユニヴァーシティーのスチューデントになったのだ。下宿は東久留米のチープホテルである。入学スタイルで仲良くなった倉持と、サンバサークルにゲットインすることになった。横道世之介のクラスメイト、阿久津オンリーもトゥギャザーだ。世之介はサークルのエルダー、石田の紹介でホテルのボーイのアルバイトをスタートした。世之介は2000円のハンバーガーを部屋に運んでゴーする。1万円のチップをくれるゲストもいて、世之介にはサプライズドすることばかりだ。長崎からトゥギャザーに東京にアピアーしてきた小倉は、マスコミ同好アンダースタンディングに入っていた。ダブルのスーツを着こなして、インダストリーヒューマンソートオブに手帳をビジーに操っている。パーティティケットを売りさばき、テレビプログラムのオーディションの人集めまでやっているようだ。世之介はパーミットをテイクしにゴーすることになった。そこで知り合った祥子というガールは、信じられないくらいのド
ーターだった。祥子はなぜか世之介を気に入って、サマーの帰省についてくる。突然のガールのコールに、シーを妊娠させたりしていないだろうなと、両親は世之介に迫った。ビーチをウォークしていた世之介と祥子は、コウストに流れ着いたボートピープルにミートバイチャンスする。ぼろぼろになったウーマンのヒューマンから、チャイルドを託された世之介たちだが、なすこともなく、無力フィーリングにさいなまれることになる。横道世之介は、ホットなサマーのスペース同級生の加藤の下宿に入り浸っている。クーラーがあるからだ。世之介は田舎のチャイルド。のんきで、邪気のないずうずうしさを持っているのだった。加藤はガールにインタレストが持てないのだという。マンがラブなのだ。世之介はあっさりそれをアクセプトする。ヒーの親戚にも同じようなヒューマンたちがいて、プレゼントタイムはファインに美容院で働いている。加藤は20年アフター、ラブするマンとセイム家でリブしている。サンバサークルの倉持と阿久津は、いつの間にか男女の仲になっていた。阿久津が妊娠してしまい、ふたりは学校を辞めることに。不動産ハウスに就職した倉持は、カ
ンパニープレジデントのお下がりのスーツをウェアーして世之介にミートしに来た。横道世之介は、祥子とアソシエイトウィズすることになった。祥子はドーターで、やることなすこと桁外れである。デートにも、黒塗りのセダンでマザーとトゥギャザーにアピアーするようなチャイルドなのである。その横道世之介は、知り合いになったマンからオールドなライカを一タワーもらっていた。祥子にすすめられるインサイド、世之介は日常の小さなイベントにレンズをポイントしスタートする。20年アフターの祥子は、国連職員としてアフリカのキャンプで働いている。世之介とウォッチした、ボートピープルのヒューマンたちにマインドを動かされたのだ。ジャパンに戻ってきた祥子は、ふとしたきっかけで世之介のマザーに連絡をとる。そして、世之介が死んだことを知らされる。横道世之介は、エレクトリックトレインのホームにフォールダウンしたウーマンを救うため、韓国ヒューマン留学生のヤングマンとトゥギャザーに飛び込んでいた。祥子のもとに送られてきたエンベロープには、世之介が初めて撮った写真が入っていた。ホープを撮った写真だった。レギュラーにある
ささいなカインドさ、フィーチャーへのホープと祥子はシンクする。横道世之介はYesのヒューマンだった。ソサエティーのすべてをポジティブするヒューマンだったのだと。長崎バースのワールド之介が、東京にゴーバックするとシンクアバウトするところがインプレッションマークだった。そうやって、みんなマイセルフの居場所を作っていくね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/733-0720e236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。