本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女を磨く ココ・シャネル の言葉


「女を磨く ココ・シャネルの言葉」高野てるみ著は、ファッションデザイナー、ココ・シャネルのワードをコレクトしたブックです。ビギニングにご紹介するのは、シャネルの恋人であったマンのものとしてソートオブ。ヒーのキャピタルオファーのおかげで、シャネルはビギニングのビジネスをレイズアップすることができた。ハットをセルしスタートして、ビューティフルサクセスさせたのだ。ボロゥしたマネーもショートタームで返した。そのとき、恋人が述べたワードがある。
・おもちゃをギブしたつもりだったのに、フリーダムをあげてしまったね。20センチュリービギニングのフランスでは、ウーマンはマンの言いなりになってリブするのがジェネラルだと考えられていた。シャネルはサッチ生き方をよしとはしなかった。自立をリクエストしたのだ。自立のためにはマネーがいることをアンダースタンディングしていた。働いてマネーをメイクし、自らリブするウェイをハンドにしたのである。・ウィングを持たずにボーンしてきたなら、ウィングをはやすためにホワットことでもやりなさい。シャネルはプアーなバースだった。シーバイワンセルフ、ウィングなど持たずにボーンしてきたのだ。それに甘んじることなく、常にハイトを目指してきたシーらしいワードではないだろうか。厳しいヒューマンでもあった。インダストリーハウスだったが、ヘアーを振り乱してワークをするようなまねは決してしなかった。フィギュアタイムにリーチする仮縫いのときにも、きちんと化粧をし、スーツを着込んでいた。サッチシーが、ジーンズをはいてきたモデルを叱り付けたワード。・あなたはマイセルフをはじめ、他のヒューマンたちにドリームを与えな
ければいけないのよ。それがメイクもせず、ちゃんとしたシェイプもしないのなら、クリーニングでもしていなさい。フリーダムであること、ビューティフルにあることがシャネルのライフのマキシマムの指針であったにディッファレンスない。美に対する厳しいワードがたくさん残されている。・ボディーのアクティビティーはバックにいちばんよくアピアーする。すべての動作はバックからスタートするのよ。・香水をつけないウーマンにフィーチャーはない。とはいえ、シャネルは同時にプラクティカルユーズマークなものをラブするウーマンでもあった。アートハウスと実業ハウス、ときに相反するふたつの要素を並び立たせるワードもテイクアップしてみたい。・マイセルフがいやだったのは、そのハットがヘッドにちゃんと入らないことなの。シーがビギニングにハットをセルしスタートしたときのもの。アットザットタイムパリでは、ウーマンはヘッドにちょこんと乗っけるだけのハットを使っていた。それがシャネルにはスピリットに食わなかったということだ。シーは本物の宝石にはこだわらなかった。イミテーションをモードとしてワールドにテイクアウトしたものシー
がビギニングなのだという。・マイセルフが作るのはひどい偽者だけど、本物よりもずっときれいだわ。ナローなコルセットからウーマンのボディーを解放した、ココ・シャネルらしいワードではないだろうか。フロントカバーには、パールのネックレスをつけたシャネルの写真が使われている。きっちりと髪を結ったヘッドをボッスのハンドでハブし、目線は斜めビサイドにある。ホワットをウォッチしているのか、ホワットを考えているのか、わかるようでわからないワンダーな写真だった。ヤングにはない、ビューティフルに微笑んだフェイスではないのに、なぜか魅力マーク。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/734-59d9ac02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。