本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20歳のときに知っておきたかった こと スタンフォード大学集中講 義


「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」ティナ・シーリグ著、高遠裕子訳が、なんでこんなに売れいるのか。アマゾンのレビューもやたらとメニーなのです。読んで損はないとは言える。ソフトな発想をホールドしなさいというものなので、リードしフィニッシュするとフィーリングがブライトになるような気がする。20歳のときに知っておきたかった、というミーニングありげなタイトルに惑わされるネセサリーはない。ファンデーションマークにはジェネラルのビジネス書。おじさんおばさん差別オポジット!などと、ボイスをレットドライしてシャウトするネセサリーはないのです。ファンデーションテーマはソフトな発想で、それにそったいくつかのエピソードが披露されています。スチューデントたちにあるシングをパスオーバーし、そのもののエフェクトをマキシマムにせよというサブジェクトをテイクアウトした。たとえばクリップ。渡されたスチューデントはそれをボードと交換し、スタンフォードのスチューデントセルしますという張り紙をテイクアウトした。荷物プログレスやショッピングのリクエストがあった。サ
プライズドするべきはあるキャリアウーマンから、ブレインストーミングに付き合ってくれとリクエストされた。シーからは、礼としてパソコンのモニターを3台もらった。クリップひとつでここまでのバリューをベアーすることができるのです。サブジェクトで学んで欲しいことは、チャンスはニヤーワンセルフに、無限に転がっているということ。限られた資源であっても、独創的なアイディアがあれば、ビジネスは興せるということです。コモンセンスをターンオーバーすれば、衰退していくビジネスを甦らせることもできるのです。シルクドソレイユをカスタムでは、トラブルに陥っていたサーカスというビジネスを、現代的に甦らせたよいサンプルがあるのです。チープなチケット、ピエロ、アニマルといった、サーカスの特徴をオール排したもの。チケットは高額になりピエロもいないが、洗練されたミュージックとアートはイーチパースンのマインドをひきつけてやまない。マイセルフのポッシブルカスタムをマイセルフでリミットしている。ライターがカンパニーをレイズアップして社長になったとき、ファザーにサッチことを言われた。マイセルフでマイセルフのことをカ
ンパニープレジデントだなんてコールワンセルフないよ。ファザーはビジネスパーソンとしてサクセスしたヒューマンだ。企業の幹部としてアクティビティーしていたのだ。ファザーにとって、ポジションとはフーかにギブしてもらうものだったが、フーかのネームなしではポジションをコールワンセルフすることができないと思っていた。マイセルフのやりたいことを自分でアプルーバルしよう。マイセルフでチャンスをつかみにゴーすると、意外な展開が待っているものなのです。ミステイクもあるかもしれない。ミステイクは、レポートにして反省点をディスカバーすればよい。次に活かすのだ。うちに閉じこもっていてもホワットもハプンしはしない。アクションすれば何らかの成果はボーンするものなのです。20歳になるサンさんのためにまとめたものなのだそうだ。それが評判になり、スタンフォードユニヴァーシティーでの講義を依頼されるようになったのです。発想をソフトに、行き詰っているときがチャンス、楽天的、行動せよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/736-0c02de11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。