本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ


「モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ」川畑のぶこ著は、さっぱりとスローアウェイしていくライフが流行しているのですが、ライターはフレンドから「ダンシャリ」なるワードを聞かされた。インタレストをホールドし、それは何かとアスクすると身の回りを整理しているとのリプライが返ってきた。ダンシャリとは断捨離のこと。それを始めた友人は、みるみるうちに生き生きとした魅力マークなウーマンになった。ワークがうまくいったり、ファミリーとのラブが深まったり、断捨離はいいことづくめであるようだ。さっそく実践してみた作者は、マイセルフのハウスから約1トンものゴミがアピアーしたことに驚いた。罪悪フィーリングはあったが、家がさっぱりしてくると、ワンダーにいいことがハプンしスタートしたのだという。クリーニングがコンフォートになった。ワークのお客さんが増えた。偶発マークなグッドラックにリッチインするようになった。かつてのフレンドのように、マイセルフバイワンセルフがシャインしスタートしたことがボディーをもってアンダースタンディングできた。マインドが充電されたようなフィーリングがあったという。
そして気づいた。いらないものに囲まれていたときは、掃除をしなきゃ、ザットを使わなきゃといった、強迫にシミラーしたフィーリングがあったことに。モノをスローアウェイすることはマイセルフを再発見することである。本当にネセサリーなモノ、そうありたい自分をルックフォーしていくことだ。ネセサリーなモノをチューズしドローアウトするワークなのだ。もったいない、モノはインポータントにとトレーニングされて育ってきた。モノにリミティッドな前ピリオドのトレーニングである。モノあふれの現代にそぐわないものであるのに、気づいていないヒューマンがメニー。スローアウェイするのはいけない。しかし、とライターはシンクアバウトする。ペットボトルについてくるおまけ、ギフトのコップ。いらないモノを喜んでハンドにプットインして、それは本当にモノをインポータントにすることと言えるだろうか。ライターは断捨離をスタートしてから、モノをバイすることにエマージェンシーに慎重になった。不要なモノはハンドにしないようになった。モノをインポータントにするということは、エッセンシャリーはそのようなことではないだろうか。But
やはり、スローアウェイするのには抵抗がある。あまり一気にしようと思わないことだ。やりやすいプレイスを選んで、ワークはショートタイムで。一日に15ミニットくらいでかまわないのではないか。スローアウェイするスタンダードは買ったプライスではない。思い出でもない。ユーズするかもしれないというロングインプレッションは排除したい。カレントユーズするか使わないか。それだけがリーブする基準である。ハイだったから使わなきゃ。これはモノがサブジェクトになっている考え方。モノにふりまわされていることで、ライフをモノにのっとられているということだ。ライターバイワンセルフをターンヘッドすると、ためこんでいたモノはマイセルフのコンプレックスだったような気がしている。ナレッジが足りないとシンクするマイセルフは、ブックをセルするのがアフレイドだった。外見に自信がないと、クローズズをスローアウェイするのがアフレイド。コンプレックスをスローアウェイし、マイセルフのトゥルースのフィギュアとオポジットすることができれば、ライフはメニーにリッチになるのである。怖がってはいけない。ディスイヤーのビギニングか
らこのようなワークに取り組んでいる。怠惰が邪魔をしてろくに進んでいないのである。一応フィーリングだけはある。すると、ちょっとしたスペシャル収入があった。チープにてソーリィトゥトラブルなのだけど、こういうグッドラックも、断捨離にはつきものであるらしい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/738-c52b6a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。