本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面倒くさがりやのあなたがうまく いく55の法則


「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」本田直之著は、レバレッジシリーズのライターが書いたワンセルフ啓発書で、レギュラーライフでスピリットをつける項目が55にセパレートして書かれており、リードしやすいブックです。ライターはセミナーなどでマイセルフを面倒くさがりやだとシンクするヒューマンと問いかけてみたりするそうですが、するとミーティングプレイスの約9カットがハンドを上げるというのです。面倒くさがりはディッフィカルトなことばかりではないというのです。文明がプログレスしたのも、面倒くさがりが工夫をフリーズしてきたからである。ファイナルの面倒くさがりは、実は有益なものなのである。ファイナルの面倒くさがりになるのは、プロブレムをスモールなうちに解決してしまうことだ。プロブレムは、雪だるまスタイルにビッグになるのがエヴァーである。プライマリースクールのときに九九をリメンバーしていなければトラブルなことになる。スモールな面倒くささにとらわれないことがインポータントだというのです。ビギニングにマークをディサイドしてしまう。トラベル先をチューズするようなコンフォ
ートなフィーリングで。マークが決まると、おのずとやるべきこともクリアーアップになる。変えられないものに執着するのもやめよう。エレクトリックトレインがレイトしたとしても、タイムができたとブックをオープンするくらいのことをしたい。変えられないものを変えようとせず、マイセルフをチェンジすればいいのだ。あるときはいっそモデルにはまってしまおう。うまくいくカスタムをメイクし、無意識で行えるようになると楽になる。マイセルフの時間割はマイセルフで作る。見返りもホープしない。ヒューマンにホープして、見返りがないと裏切られたと思ってしまう。ビギニングからホープしていないとコンフォートだし、フレンドシップも続く。タイムはリミティッドだと知ろう。サマーバケーションの宿題をほったらかしにしておいて、後で困ったエクスペリエンスはないだろうか。いつか、そのうちというシンキングはだめだというのです。モーニングの五分間でその日のプログラムを組み立てよう。そのハーフをインポータントにするだけで、一日のアクションがチェンジする。有意義に過ごせるようになる。プログラムをディサイドしたら予約を取ろう。ムービ
ーもレストランも、予約をしておけばトラブルなことにはならない。アーリーなグレードでスケジュールをディサイドし、アフターは淡々とフォローするだけ。スリープは絶対に削らない。ワークがビジーにても、フリーダムタイムを削ってスリープする。休息をとらないブレインは集中フォースが散漫になってしまう。マニュアルは熟読しよう。新製品には既存にない新しい機能がある。面倒くさフィールしだからこそ、便利な機能を使いこなそう。二次会には行かない、家計簿をつける、リストを作ってワークの重複を避けるなど。アマゾンのレビューにもちらほらあるけど、これができるヒューマンをジェネラルは面倒くさフィールしやとは言わない。これらができず、プロブレムを積んでフリーズしてスノーキングにして、ラストはトゥギャザーに雪崩になって流されていく。そこまでできて初めて、ヒューマンはトゥルースの面倒くさがりやとしてたたえられるべきではないだろうか。効率化のブックとシンクアバウトすればエマージェンシーに効率がよいとシンクする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/739-1abacbf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。