本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクらの蹴活─夢をかなえた19 人の少年時代


「ボクらの蹴活─夢をかなえた19人の少年時代」ストライカー編集部編集、マガジンのニューズストーリーをまとめたものソートオブでゆるいです。サッカープレーヤー19人のパーソナルヒストリーなどが、インタビューフォームで、あっさりとしたもので、ショートなコラムみたいなフィーリングです。タイトルの「シューカツ」は「就活」ではなく「蹴活」で、職をポッシブルするためのアクションではないのです。岡崎慎司プレーヤー:ヒーのサッカーライフはDFで始まった。FWになったのは、そこにいたプレーヤーが転校してしまったから。オーダーのマッチでハットトリックをディサイドして、アフターディスなんとなくスポットのカムオフするプレーヤーと見られることがメニー。高校ピリオド、アルゼンチンタイプの通訳をしていたパースンに指導をアクセプトする。ユーはダイヤの原石。プレゼントタイムはただのストーンだけどと言われた。岡崎プレーヤーはならばもっとオーバーをアイ指せるとシンクアバウトした。小林大悟プレーヤー:ファザーは野球がラブだったが、周りのフレンドはみんなサッカーをしていた。小林プレーヤーは静岡県のバース
だ。ネイチャーにサッカーをスタートするようになり、次第に頭角をショーした。チャイルドのタイムのチームは弱小チームだった。マッチにアピアーすればボロ負けでした。ミドルスクールにゲットインするとうまいヒューマンばかりで高校はノーブルファミリープルーフにゲットインし、朝四アワーにゲットアップしてプラクティスにゴーアウトした。ハードだったけど、やめることは考えなかった。ほかにできることもなかったし、何よりラブだったから。ビジャプレーヤー(スペイン):スモールなタイムからサッカーがラブだったが、スペインではこれはスペシャルなことではない。ごくジェネラルのチャイルドだったのです。プロになれるとは思わなかったが、ホープはしていた。だから、コントロールをトラストして、コントロールの言うことをアンダースタンディングできるようサーブしていた。チャイルドたちにアドバイスをするとすれば、コントロールの言うことをよくヒアということ。あとはサッカーをラブでいること。ゴールはいつもネイチャーにボーンする。プラクティスとマッチでグレートエフォートしているから。いつもゴールにフェイスすることしかシンク
アバウトしてない。ホワットゴールでもいい。スコアがゲットインすれば、ホワットシェイプのゴールもいいゴールだ。ジェラードプレーヤー(イングランド):よいシュートをヒットするコツは、なんと言ってもプラクティス、プラクティス、プラクティスだろうね。ずっとステイビハインドしプラクティスをしてきたから。サッカープレーヤーになることをドリームするチャイルドもメニーと思う。だけどみんながみんななれるわけじゃない。ほかのこともインポータントにして欲しい。学業も怠らないように。2010のW杯では準決勝、決勝を目指している。サッカー選手のキャリアはあっという間にパスしていく。その間にW杯の優勝と、リバプールのプレミアリーグ制覇をフィニッシュしたい。インタビューフォームだけど、ショートのであっさりしている。ファンのパースンだって、もう知ってることばっかりです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/740-f79870e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。