本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑いの天使に愛される生き方


「笑いの天使に愛される生き方」越智啓子著の越智啓子ティーチャーはマインド科メディスンで、ヒーリングなど、スピリチュアルな関係のブックがメニーなのです。パースト生などのトークもアピアーしてくる。あなたのパーストは○○で、プレゼントワールドのディフィカルティはパーストの因果によるものなのですよ、というウェイオブシンキングです。インタレスティングにはあるけれど、この辺りは鵜呑みにしないようにして、パーストのコモントークはカレントのアースオーバーのコモントークよりもはるかに少ないのだから、ホールクルーが生まれ変わりになっていたら、パーストのヒューマンはビジーにてウェイがないはずです。全体的にはフィーリングがブライトになるファンなブックです。越智ティーチャーは超がつくほどワンセルフな子だった。生徒プレジデントに立候補したこともある。落選してしまったが、そのとき、インチャージのティーチャーがおっしゃったネームがオチだもの、ウェイがないというワードに救われた。ラフは絶望を癒すのである。ドクターになってから、ティーチャーはホスピタルクラウンのパースンと交流をホールドするようになった。
ホスピタルでピエロをパフォームし、治療に役立てるメソッドである。パッチ・アダムスティーチャーというその方と知り合って、越智ティーチャーはバイワンセルフの殻をティアーすることができた。道化になること、笑われることがアフレイドになくなった。ティーチャーは今アドレスアンダースタンディングでも、自作のピエロのドレスをウェアーすることがあるそうです。ベリィボトムにあるときもうラフするしかないと思えると、かえってアイのビフォーがオープンする。ブレイクスルーしたフィーリングがする。ラフすることは意識のふたをはずし、フィーリングを流すことにつながる。思いこみをなくすこともできるのです。ティーチャーはアゴー、多汗症のマンをイクザミンしたことがあった。スウェットの量がメニーにて悩んでいるそのマンにスウェットはボディーの浄化につながるの。もっと汗をかいて。ウォーターもしたたるいいマンだわと言った。するとトラブルのカインドだったそのスウェットが、ぴたりとやんだというのである。スウェットをかかないように必死だったのに、ブレインがびっくりしたソートオブ。ラフはウォーム、ラブにあふれるものでなくて
はいけない。冷笑や、ヒューマンを見下す笑いはやめよう。周りのヒューマンを嫌なフィーリングにさせ、キープアウェイしてしまうことになる。感動、インプレッション、サンクスの三フィーリングキングを目指したいものです。ボディーのバッドコンディションも、ときにマインドのアングザイエティーから来ていることがある。ティーチャーは一度飛行機のインサイドで、サドンに血圧が上がってサファーするマンに出会った。マッサージをしたり、短めのカウンセリングをしたアフターでティーチャーは言った。マイセルフはスピリットの通訳ができます。あなたの寿命はプレゼントタイムではありません。もっとずっとフォーマーだから、ピースオブマインドしてするとその男性、血圧も落ち着いてトラベルをエンジョイワンセルフすることができたのです。ワールドのスペシャルライトは、マイセルフのライフをマイセルフで決められること。とてもシンプルだけど、これを知っているかどうかでライフはチェンジする。いつも受身になっていては、パーストの思い出のストリームに流されてしまうだけ。これはパーストイノセントというミーニングだけではなく、レギュラーの
エクステンションとシンクアバウトしてもプロパーかも。その流れをチェンジするのはラフのフォースだ。ラフは、悲惨なライフをチェンジする大きなフォースを持っている。パーストイノセントのワンダーパーソナルエクスペリエンスもインクルードして、マイセルフはファンに読んだ。ラフだけですべてが解決するわけではないが、解決策がなくなったらラフするのもひとつのハンドではある。そしてラフがあるところには、それほど悲惨なことばかり、寄り付かないとビリーブしたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/742-cf05b59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。