本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済の真実─ある日、この国 は破産します


「日本経済の真実─ある日、この国は破産します」辛坊治郎、辛坊正記著は、ニューブックサイズで、テレビアナウンサーの辛坊治郎ファミリーネームと、その兄の共著なのです。辛坊氏のお兄マナーは一橋大学をアピアーした秀才で、ビジネスナレッジのファンデーションはこのお兄マナーが監修されているとのこと。なので、安心なのだそうだ。ハイト成長ピリオドには10%あった成長レートが、カレントは0.5%くらいしかない。それでもよい、スローライフでいいじゃないかというディスカッションもあるが、それはルートマークに間違っている。ビジネス成長がなければ分配もない。ライフ水準がハングダウンするのである。餓死パースンがアピアーしたり、適切な医療を受けられないフィーチャーもありポッシブルするのだ。カントリーの借金についてもシンクアバウトしてみたい。マイセルフたちのカントリーが膨大な借金をハブしていることはマスコミなどでも喧伝されていることである。最近では、ジャパンカントリーの借金、つまり国債はテイクアップしハンドのほとんどが日本人なのでピースオブマインドというヒューマンがいる。国債をテイクアップし
ているのはウィーコモンピープルである。国債など買っていないというヒューマンも、バンクやメールステーションに貯金を持っているだろう。バンクやメール局はベンチャー企業などのリスクのハイなビジネスに投資はしない。安定カスタムのハイな国債を買っている。つまりマイセルフたちは、マイセルフたちの貯金で国債をバイしサポートしている。マイセルフたちバイワンセルフが、国債の引き受けハンドであることに気づいたパースンがよい。マイセルフたちはカントリーの借金の使われパースンにもっとアテンションをペイするべき。使われない空港など、無駄なコストにゴーアウトしてはいないか。トピックになったチャイルドメディカルケアもそうである。政治ハウスのばら撒きはリーストの手段である。チャイルドメディカルケアをもらったチャイルドが、フィーチャーその返済のデューティーをベアーすることになってしまう。借金体質を改めず、国債を発行しコンティニューしているとどうなるか。大増税かハイパーインフレである。年金キャピタルも貯金も、すべて借金につぎ込んでいるので、これらのマネーがパーになってしまう。マネーのバリューが暴落するポ
ッシブルカスタムもある。輸入シングを買えなくなると、資源のリミティッドなジャパンはたちまち窮状にフォールする。ジャパンがこうなったのは、フォーリンでリブバースするファクトリーが増えたからだ。フォーリンでモノをメイクし、ジャパンでゲットする100マネーショップやユニクロはワーストのビジネスモデルと言える。しかしこのストリームは止まらないだろう。ジャパンがエナジーをテイクバックするためには、ジャパンでモノをリブバースし、ハイアーをアッドトゥする企業をレイズすることである。そのため、コーポレイトボディータックスのカットなど、大企業にベターなポリシーをプラクティスして欲しい。小泉政権は、カレント格差を生んだメインコーズとして語られることがあるが、実際にはビジネスをリカバリーさせ、ハイアーもメニーに生んだのである。特に、プライベートパースン資産が国債にストリームするアクティビティーを止めたのがワンダフルな功績だ。郵政民営化は評価されるべきなのだ。エリアの不便も生んだかもしれないが、郵便貯金にスリープする多額のマネーのフローカスタムを生んだことは評価されるべき。大企業を遇する
ポリシーを。スローライフなどという言葉にだまされてはいけない。リッチマン優遇も堂々とすべき。フォーリンキャピタルにジャパンをのっとられるなどとあおらず、どんどんフォーリンカントリーのキャピタルをアクセプトしたい。ジャパンの借金はカントリーのインサイドの借金、だからピースオブマインドというシンキングには少々のフィアーを抱いている。返せないからライティングオフってなことを、カントリーはできるフォースは持っているんだし、実際にバンクアカウント封鎖なんてパーストもあったりするわけです。貯金イットセルフが大してないので、それはそれで安心と言っていいのかどうか、サッドな自問自答が続いている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/744-649da151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。