本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリー経済学入門


「フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する『フリーミアム』の解説書】」苫米地英人著は、苫米地ティーチャーが二番煎じトレードにハンドをテイクアウトしたというサプライズがあったのですが、このハンドのブックを売らなければならないヒューマンだとは思ってなかったのです。このブックはトピックのビジネス書「FREE」にコピーしたタイトルロゴがカバーにでかでかと飾られている。クリアーに相伴を狙っているように見える。内容を要約するとこのキャピタルルールのソサエティーに、タダのものがあるわけはない。タダのものと引き換えに、フリーダムを売り渡している。だまされたらいけませんというようなものです。ファーストハーフは「FREE」のサブジェクトを踏まえて、その解説がなされている。企業がタダでデリバーする試供シングのコストは、それをバイするゲストがチャージしている。タダのものを使ってもらい、マーケットを拡大するのはよく使われる手法なのです。ITインダストリーでは製造販売そのもののコストがゼロに近づいている。ソフトをダウンロードで販売すれば、配送コストはまった
くかからずにフィニッシュする。「FREE」ではこのような現象が画期的なことのように語られていたが、実はマイセルフたちはアゴーからこのようなタダのものに慣らされていたのである。たとえばマネー。製造コストはタダにイコール。コストプライスはペーパーのプライスだけだからだ。しかしこれに価値をつけることで、ステートはパワーを独占してきた。金を刷るライトはステートにしかないからだ。マイセルフたちがフリーでウォッチしているテレビにも、マネーの絡むアクティビティーがある。アースデジはMPEGというシステムで開発されているが、この特許をコントロールしているアソシエイションがアメリカにある。MPEGはYoutubeなどにも使われており、いざとなったら使用マテリアルをとるリザーブがされている。マイセルフたちがフリーで楽しんでいるものも、いつかチャージになるかもしれない。インターネット。これこそがさまざまな「FREE」をプロデュースしたと言われているが、インターネットはタダであってもフリーダムではない。アクセスパーソナルヒストリーを解析すると、ホワットをウォッチしているのか、筒抜けな
のである。中国やアラブ諸国のワンパートなど、ネットの規制を進めているカントリーもメニーに見られる。グーグルがリファレンスからリムーブすることが「グーグル八ミニット」としてプロブレムになっている。グーグルのリファレンスからはじかれることは、ネットのワールドではデスをミーニングする。グーグルはパワーでもあるのだ。アメリカではUSIDというシステムが導入された。ナショナルにブラッドモデル、アドレス、バンクアカウントアカウントなどを書き込んだカードを持たせるというもの。テロ対策の一環ではあるが、ナショナルのアクティビティーはすべてステートに丸見えなのだ。米兵はショルダーにICチップを埋め込んでいる。セーフティーをプランするためではあるが、フライトしたときにもシンプルに見つけられてしまうケースもある。タダに見えるものにはたくさんのトリックがある。マガジンなどでも、ニューズストーリーにハブアンオーディエンスするような広告がスプレッドするようになってしまった。マイセルフたちはそれをよくシースルーし、乗せられないようにスピリットをつけなければならない。タダのもののアザーサイドを
ウォッチする、本当に欲しいものだけをハンドにプットインするようにする。欲しくないものをインニードオブフィールすることは、フーかのトリックであると知ろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/746-8a75a66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。