本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物と話せる女性 ハイジ


「動物と話せる女性 ハイジ」ハイジ著は、ハイジさんというウーマンは、アニマルのマインドが読めるのだそうで、アニマルにトークすることもできるのです。アニマルが持っているイメージをシェアできるというセンスであるらしいのです。キャットの好きなフードをアスクしてみると、ハイジさんバイワンセルフがゲームをくわえているような感覚をリメンバーするというのです。ゲームのボディーの感触、ウォームさ、ミールフィーリングなどをトゥースにフィールするのだそうです。ハイジさんはワールドだから、人間のセンスではうえーっとorはするのだけれど、キャットとリンクしているときはおいしいとシンクするのです。ハイジさんとアニマルのコミュニケーションは、サッチフィーリングで行われるソートオブです。スモールなころからこのアビリティーがあったのですが、ヒューマンとディッファレントすることを自覚していたので、黙っているつもりだった。スクールをアピアーしたアフターは警官になり、ジェネラルのライフをセンドするつもりでいたようです。結婚は14エイジ年上の作家のヒーがアニマルラブであったことから、ふたりはた
くさんのアニマルに囲まれてリブするようになった。ヒーがロングに愛していたキャットがホスピタルで死んだとき、ハウスにゴーバックしたいというウィッシュを聞き入れてやれなかったことを、ハイジさんは後悔している。ホスピタルで手厚い看病をしてやりたかったからですがカレント、ハイジさんはアニマルたちのウィッシュにゲットクローズすることが、自らのデューティーだとフィールしているのです。アニマルとアンダースタンディングすることをオフィシャルにしようと思ったのは、ハウスで飼っていたホースのことがきっかけだ。ある日馬がトレーラーにゲットオンすることを拒否したのです。アスクしてみると、ホースはトレーラーの荷台に不安定なプレイスがあるとフィールしていたようです。マイセルフはアニマルとスピークしができる。このアビリティーを生かすロードはないものか。マイセルフの力に真剣に向き合ったハイジさんは、近所のペットディスカッションを始めることになった。ビギニングは口コミで、次第にシーに助けをリクエストするヒューマンが増えてきたのだそうです。ホスピタルで飼われた犬とスピークしたことがある。犬はワールドやほ
かのアニマルとの交流をオール拒否していた。アゴー、ワールドに捨てられたことがトラウマになって、ラブをホールドすることがアフレイドだったのです。ハイジさんは犬に話しかけ、周りのヒューマンが犬をインポータントに思っていることをリポートした。野生の鹿がカーにはねられることをアンクシャスするウーマンからのリクエストをアクセプトしたこともある。ハイジさんは鹿たちとスピークし、カーのアフレイドさと、車道がデンジャーであるイメージをリポートした。だがワイルドの鹿は移動するのがネイチャーで必要なことだ。ワールドが完全にケアなどできるものではない。ハイジさんはリクエストパースンのウーマンにも、鹿とディスタンスをプットするようにオファーする。ちょっとした誤解から、ファミリーとのラブを育めなかったキャットや犬がいる。ゼイのスペースのプロブレムを解決するお話は、読んでいてほほえましかった。アニマルにはアニマルなりのシンキングがあって、ワールドばかりがエライというわけでもないのです。アニマルとアンダースタンディングするのがトゥルースかどうか、そのエリアのウィズアウトフェイルは別段議論するネセサ
リーなんてないだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/748-b7765fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。