本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲの女房


「ゲゲゲの女房」武良布枝著は、テレビドラマも大人気のコミックハウス、水木しげるさんのワイフの自伝マークエッセイです。ライターの武良布枝さんは島根県安来市でボーンしたアフターにハズバンドになる水木しげるさんは鳥取県境港市のバースで、ふたつのタウンは中湖というレイクをはさんでオポジットショアにプレイスしている。ワイフはベリィヤングな頃から、水木さんのホームタウンをビューしてリブしていたのだそうです。ワイフはパブリックにアピアーすることがヘイトし、おとなしいドーターだった。戦後はおうちのヘルプにアクティビティーし、もう少しで婚期をセットフリーするところだった。紹介されたのが十エイジ年上の水木しげるさん。ウォーでワンハンドをルーズし、カレントは貸本コミックを描いているヒューマンだという。見合いのデイオブマンス、ワンハンドでストーブをつけてくれた優しさに、このヒューマンならとマリーすることにディサイドした。水木さんは東京暮らしである。住み慣れた安来をリーブするのはアングザイエティーだった。しかし収入のあるヒューマンだというので、ワイフはビリーブして上京し、ともにリブしスタートす
る。当時の調布というプレイスはホワットもないタウンだった。アイにゲットインするのは畑ばかり。ショッピングに行くのも不便でそのうえコウルドさがこたえた。安来のウィンターもコウルドだったが、東京の乾いたコウルドさがボディーにルックライクした。あてにしていた収入も、うそっぱちだと知らされた。年金はホームタウンに送っている。マザーをウォーリィさせたくないというハズバンドのワードに、ワイフはうなずくしかなかった。リクエストのワークもろくにマネーにはならないので、貸本インダストリーは、アットザットタイムフォースのアピアーしてきたテレビに押されてブルーロングブレスだった。コピーマテリアルはわずかで、そのマネーすら値切られ、踏み倒される始末だったのです。質屋通いがレギュラーだった。持っているもののオール合財、マネーにチェンジしなればリブしていけないのだ。一ディグリーなど、タックスオフィスにこれっぽちの収入で暮らせるわけがないと怒鳴られたことがあったのです。リポートをトゥースモールにしていると誤解されたのです。極貧にニヤーな暮らしだったが、奥様はワンダーとくじけなかった。ハズバンドにな
ったヒューマンに、ハードなトラストを抱いていたからである。ハズバンドはグレートナンバーの戦死パースンをテイクアウトしたパプアニューギニアから生還してきた。アクチュアルプレイスのヒューマンと仲良くなって、フードをセパレートしてもらったたくましさがある。リブするフォースのあるヒューマンだと、マインドのボトムから信じていた。コミックをドローする姿勢にもマインド打たれるものがあった。水木はバケーションもせず、ホットなルームでスウェットをしたたらせながら、一枚一枚ケアフルにライティングブラッシュを走らせているのだ。報われないわけはないと思っていた。貧しい頃、コミックのヘルプをするのがラブだった。スモールなスポットも着物のハンドルも、当時はハンドで描いていたのである。ワイフも背景をペイントし、ハズバンドのワークを手助けしていたのだった。やがてチャイルドができる。頼りの貸本業者が倒産したり、もうおしまいだとシンクすることがたくさんあったのですが、報われる日がやってくる。フロントキャッスルゲート出版カンパニーからのリクエストをアクセプトし、ハズバンドがチャイルド向けのコミックをドロー
しスタートする。ずっとおどろおどろしい、ゴーストのピクチャーを描いてきたハズバンドだった。そのヒーが、ラインをラウンドにし、チャイルドにも親しめるキャラクターをプランした。ラブアンドリスペクトのあるそのフェイスをウォッチすると、ヒーの精進の成果であるように思える。次第にラックが向いてきた。大きなプライズをもらったとき来るべきときが来たと心から思えた。ジョイもあったが、どこか当然と思えるリザルトでもあった。ハズバンドは、アナザーパースンにはまねのできないグレートエフォートをコンティニューしてきたのである。水木さんが有名になって、すれ違いや戸惑いをフィールすることもあった。しかし奥様はずっと、ずーっと水木さんを信用してきた。ラブで結婚するピリオドではなかったから。一緒になったらそのヒューマンをビリーブするしかなかったから。ワイフはサッチウィンドにおっしゃっているが、やはりワンダフルなことです。ワイフは水木は一デイオブマンスインサイドデスクのビフォーにシットし、グレートエフォートをコンティニューしてきた。がんばってきたと書かれているが、水木さんは決してホットなことばかりでは
なかったのでは。マイセルフのラブなコミックをドローしコンティニューして、あるミーニングではわがままを通されたのです。コミックハウス水木しげるは、水木さんご自身のグレートエフォートもさることながら、このワイフがいらしてこそ存在しポッシブルしたものなのではないだろうか。ディッフィカルトなピリオドもあった。しかしカレントはハピネスである。そのワイフはライフはフィニッシュしよければすべてよしなのだという。ブライトなフィーリングになれる一冊です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/749-aaf260f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。