本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図解「読書のすすめ」店長が語っ た「強運をよぶ本屋さん」の成功法則実 践ノート


「図解『読書のすすめ『店長が語った『強運をよぶ本屋さん』の成功法則実践ノート」池田光著のライターの池田さんは「読書のすすめ」というネームの書店のショップマネージャーさんなのです。ユニークなストアーコンストラクションがテレビにも取り上げられたのです。池田さんはメインビルディングのルーツはテンプルであるとシンクアバウトしているのです。インフォメーションツールの少なかったピリオドに、ナレッジとカルチャーをギブするのがテンプルのパートで、そのストリームを汲んだのがメインビルディングなのだというのです。カレントは収縮のピリオドだ。コンディションもワールドも縮こまってばかり。サッチピリオドだからこそ、池田さんはお客さんとトゥギャザーになって成長していきたいとシンクアバウトしているのです。ときには説教もする。リードしたいブックをトゥギャザーになってルックフォーしてあげる。ブックをセルするだけではなく、お客さんがミートするファンなサロンになればよいと、そんなドリームを抱いているのです。このブックでは、池田さんがメニーのブックとお客さんに接しながらポッシブルしたレッスンが紹介されている
。大きなキャラクターでレッスン、そのネクストトゥに解説というフォーム。コミック、イラストもかわいい。
・メニーの80%からスリップアウトして少数スクールの20%を狙う。成功するのはチェンジなヒューマンになることなんです。うまいラーメンハウスとまずいラーメンハウスがある。どちらにゴーしたいかとアスクすると、意外にも後者をチューズするヒューマンがメニーなのだという。変わっているのを恐れないこと。サクセスパースンは常にグレートナンバースクールからスリップアウトしたパースンなのだ。
・ロングゲスだっていいんです。それが潜在アビリティーを発揮させる。ラブリーなロングゲスなら、どんどん間違ってください。バルセロナオリンピックのとき、マラソンランナーの有森裕子さんは、ルートの人々が自分のネームをコールアウトするのをワンダーに思っていた。アリモアリモとイーチパースンが叫んでいるのだ。ヘルプしてくれていると張り切ってランしフィニッシュすると、実はそのワードはスペインランゲージのアニモがんばれというミーニングであることがわかった。有森さんはロングゲスをパワーにチェンジしたのです。池田ショップマネージャーは斉藤ひとりさんの大ファンでもある。
・ディッフィカルトなワードは人に病原菌を撒き散らすのとセイム。常にマイセルフの機嫌をとって、徳があると思われるヒューマンになってください。他人のムードばかりとっていると、不機嫌になってディッフィカルトなワードを撒き散らすようになる。マイセルフのムードをとって、常にブライトなフェイスでいよう。ニコニコしたヒューマンはルームがあり、徳があるヒューマンだと思われるものだ。
・成功する考え方。シンプルにすること。パーストは変えられないが、フィーチャーは変えられることをノウすること。松下幸之助さんもおっしゃっている。レインが降ったらアンブレラをさす。それがスペースの摂理に従った経営だ。パーストを前向きにキャッチし、物事をシンプルにシンクアバウトする。サクセスとはシンクするよりもシンプルに来るものである。ショップ経営のシークレットも。ビジネス書のスペースに写真コレクションを置いたり、なぐり書きのポップをセットアゲンストしてみよう。ゲストをびっくりさせること。ゲストを飽きさせないことが、商品をハンドにとってもらうコツである。ワンセルフ啓発書からのレッスンもメニーにあり、特に斉藤一人さんと立花大敬さんにはスペシャルにページが割かれています。巻末にはおすすめのワンセルフ啓発書も紹介されている。このハンドのブックがラブなパースンにはとってもプロフィットな一冊です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/752-d4feef3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。