本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BORN TO RUN 走るために生まれた ~ウルトラランナーVS人類最強の ”走る民族”


「BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”」クリストファー・マクドゥーガル著・近藤隆文訳は、リードアウトすると止まらず、ブックなどスローアウトしてランしてゴーしたい衝動に駆られるストロングなインパクトのあるブックです。ライトなジョギングにアピアーしたライターは、ニーにハードなペインをフィールしてドクターに、マイセルフのフットはなぜ痛むのか?ドクターはランすることがプロブレムだ。ランすることはボディーにディッフィカルト、注射を打っても治らなかった。アンダースタンディングがいかないライターはあるとき、メキシコのデザート、岩山のインサイドにハイドしリブインするワンダーなピープルのことをイアーにする。タラウマラレース。ゼイはランするピープルなのだという。ゼイのフェスティヴァルはランすることだ。トウモロコシのビールでパーティーをしたそのオーダーの日に、ゼイはサドンにレースをスタートする。普通のレースではない。ゼイはサークル二日、厳しい岩山をランしコンティニューする。スペシャルなストレッチもしない。もちろんナイキの靴なんか持っていない。
ゼイがはくのはレベルなサンダルだけだ。タラウマラレースがアメリカでネームをギブしたのは、レッドヴィルトレイル100というレースで、ホワットディグリーも優勝をフィニッシュしたからだ。レッドヴィルトレイル100とは、4680mの高低ディッファレンスのあるディスタンスを、160kmもランするグランドなものである。1983年に始まったそれに、タラウマラレースは参加して、圧倒的な走りをショーしたのです。バッドラックだったのは、タラウマラレースをコーディネイトしたアメリカヒューマンが欲深だったことだ。タラウマラレースはレースからフィギュアを消し、そのことで返ってゼイのミステリーカスタムがライズすることになった。ライターはついで、タラウマラレースに魅せられ、ゼイのローグレードでただランするだけの暮らしをしているアメリカヒューマンがいるとヒアする。そのマンはカバーヨ・ブランコ、つまりホワイトホースと呼ばれているらしい。ライターはメキシコのアースへゴーする。麻薬マフィアがたむろする国境付近のタウンだ。ろくにテレフォンラインも通っていないそのタウンで、とうとうライターはカバ
ーヨに対面することになる。カバーヨは、アメリカヒューマンのランナーとタラウマラレースのレースをこのアースでパフォームしたいとシンクアバウトしていた。アメリカにはウルトラランナーと呼ばれるヒューマンたちがいるのだ。ウルトラランナーが参加するのは、タウンインサイドをランするマラソン大会ではない。フォーレストのインサイド、マウントのインサイドをひたすらランするのがウルトラマラソンと呼ばれるゲームなのである。ここで、ウルトラランナーたちのオーネストをランアフターしながら、ヒューマンがランすることについての考察がなされている。ヒューマンはもともと、ランするために生まれたアニマルだ。ランするフォースを生まれながらに持っているのである。ランすることは本能であり、ハピネスだ。ランすれば病気はなくなってしまう。うつ病もディッフィカルトも、ランすることでリカバリーの兆しがアピアーするのである。ヒューマンはランするからエイジするのではない。ランするのをやめるからエイジするのだ。プログレスの途中で、ヒューマンはランするアビリティーをハンドにプットインした。獣をやりでハントするのではなく、獣が
ゲットタイアードしてブレイクダウンするまでヒューマンはただランし、ミートをハンドにプットインしてきた。マンもウーマンもオールドパースンもチャイルドも、エブリバディが走ってリブロングしてきた。タラウマラレースのオールドパースンが鹿のひずめがブレイクするまでランダウンしてブリングダウンしたとスピークするのを聞いたことがある。それはトゥルースだったのだ!では、なぜ現代ヒューマンのニーは痛むのか。著者はビギニングのクェスチョンにカムバックする。タラウマラレースとアメリカヒューマンのディッファレンス。ケニアのランナーと現代ヒューマンのディッファレンス。それはステップをパックする文明のコンビニエンスだ。最ハイクラスのシューズをはくランナーは、ロープライスなシューズのランナーよりも怪我をする確率が123%もハイ。靴ボトムのクッションが、フォームを乱しているのだという。フットはこき使われるのがラブだ。シンなボトムのタイアードの靴のパースンが、フットはプレザントに走れるのである。はだしでランしてきたヒューマンのフットは、クッションのある靴に未だ適応できてはいない。ライターはウルトラ
ランナーを引き連れてタラウマラ族のローグレードへゴーする。ラストで語られるレースは興奮、感涙モノ。もうモーストに興奮した一冊で、ブルースカイのローグレードでリードするのはヤバイブックです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/753-32bc0427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。