本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のフェスティバル&ス イーツ ─クリムとドリムの冒険 ─


「世界のフェスティバル&スイーツ ─クリムとドリムの冒険─」吉田菊次郎著は、キャンディーのワールドカップの本で、世界中のフェスティヴァルと、それにちなんだキャンディーをコレクトしたものです。お祭りのヒストリーやいわれ、食べられるキャンディーのミーニングを解説している。写真ウェルス。レシピもあるので、アームに自信のあるパースンはぜひチャレンジしていただきたい。取り上げられるのはカナダ、ケベックのメープルシフォン、チェコのそば粉クレープ、モンゴルのスポーツ祭り、ナーダムフェスティヴァルのヨーグルト菓子、フランスの赤ワインケーキなど。さまざまなカントリーとフェスティヴァルがアピアランスされているが、やはりここはワールドカップにリスペクトを表して、決勝リーグに残ったカントリーのものをテイクアップします。・C・ロナウドのバックシュートはすごかった。ポルトガル。ポートワインの産地、ポルトでは、エブリイヤー6月23、24日に聖ジョアンをオファーするフェスティヴァルが行われる。知名度は抜群で、国内からメニーのゲストがヴィジットするそうだ。シーのニヤーのこの
タウンで、イーチパースンは鰯をほおばり、ワインにゲットドランクし、プラスチックのハンマーでピコピコ互いをたたきあう。フレンドシップなファンなフェスティヴァルのようだ。食べられるのはカステラにシミラーした小麦とエッグのキャンディー。パン・デ・ローと呼ばれ、大セイルピリオドからイーチパースンに愛されている。エッグ、グラニューシュガー、薄力粉にワインをミックスしてベイクするのだが、ミドルが少し生焼けなのがいいらしい。・オランダ。ジャパンウォーはヘルプに熱がゲットインしました。オランダがバーンする日。それは先代のユリアナクィーンのバース日だ。4月30日、その日はクイーンズデイと定められ、ビューティフルなフラワーで飾られたフェスティヴァルカーがタウンをパレードする。オレンジのデイオブマンスとも言われており、イーチパースンは何かしらオレンジカラーのものをボディーにジョインしてタウンにアピアーするのだそうだ。オランダのイーチパースンがラブするキャンディーはホレンダリーという焼き菓子。フランスのタルトにシミラーしているが、ドイツのマジパンの手法もハーベストしている。近隣カル
チャーのエフェクトを大いにアクセプトしながら、その菓子のカラーはオレンジである。オランダらしいキャンディーなのだ。クイーンズデイは先代女王のバース日を祝うデイオブマンスであり、現クィーンのバース日はナショナルホリデイにはなっていない。カレントのクィーン陛下のバースデイオブマンスはウィンターのさなかにある。ウィンターよりもスプリングにアブセントししたいというのが、オランダナショナルのシンキングなのである。アメリカは、ブロッコリーやほうれん草、小松菜ピーマンなどをパイクロースで焼いた緑のキシュが。ブラジルは、コーヒーテイストのスポンジケーキをコーヒーテイストのバタークリームでデコレートするコーヒーのアントルメが、それぞれ紹介されている。チャイルドの頃ぼんやりビューしているのがライクベリィマッチだった。作ってくれとマザーにせがんだこともある。ハピネスなフィーリングになれる一冊です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/755-170054b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。