本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍の衝撃


「電子書籍の衝撃」佐々木俊尚著は、キンドルは、ネット書店のフロントキャッスルゲート、アマゾンがプットオンセールした携帯モデルエレクトロニックブックリーダーで、ブックをダウンロードして読める端末機なのです。シンプルでユーズしやすく、電池のホールドしもよい。米国では2年余りで300万台を売ったヒット商品なのです。ipadもセールされブックをリードするための携帯端末機は、シェアの確保にしのぎをけずっている。アマゾンはブックのプライスをハングし、ipadは出版カンパニーサイドにベターなプライスをクリエイションしてブックのラインナップを充実させている。アップルの戦略は定価は出版カンパニーにクリエイションさせ、売上のインサイドから手数料をプルするというものである。ここで、フォーマーにダウンロード販売が主流になりつつあるミュージックインダストリーをウォッチしてみると、このストリームが始まったとき、ミュージックインダストリーにはヴァイオレントなリカバリーがあった。ライティングライトが侵害されるというわけである。ネット販売をイグザミネーションマークに行うカンパニーもあったが、ダウン
ロードしたミュージックにリターントゥライフピリオドをクリエイトするなどして、バイパースンの不興を大いにバイすることとなったのです。ミュージックのダウンロードがジェネラル化したのは、ミュージックを安価にし、リターントゥライフタームを撤廃し、操作がシンプルな器具がアピアランスしたからなのです。このストリームがブックにあてはまらないと、フーが言えるだろうか。ブックはインフォメーションである。インターネットのアピアランスまで、コモンピープルにとってインフォメーションは、一方的に与えられるものであった。限られていたのだからイーチパースンは、エブリバディが持っているものをホールドしたいとシンクし、ネイチャーにそれをリクエストしてきた。Butディマンドは細分化しつつあり、ホワットがラブか、ホワットをインニードオブフィールするか。マスコミがリードして作っていた流行が、当てはまらないのが現代のフィギュアである。エレクトロニック書籍がスプレッドすると、ブックの出版がプレゼントタイムよりもずっとイージーになるだろう。カレントでも、エレクトロニックブックでISBNコードをゲインし、販売
することはポッシブルなのである。出版インダストリーはイヤーバイイヤー劣化している。ライターを育てようという意気込みをルーズし、ヒットライターのワークや、セルしやすいワンセルフ啓発書ばかりがセールされるソサエティーである。エレクトロニック書籍のスプレッドはこのストリームをチェンジするポッシブルカスタムがある。小さなカンパニーが無名のライターをレイズし、売り出すことがポッシブルになるからである。個々人の小さなディマンドに、小さな出版カンパニーがこたえることが、エレクトロニックブックではできるようになるのです。このとき、キーになるのはライターの全面的なプロデュースで、マスコミの操作はポピュラーユーズしなくなる。口コミ、ネットオーバーでの評判などがインポータントになるのです。ネットオーバーでのライターの露出、ツイッターやSNSでのゲストの囲い込みが売上を握るキーになる。そのミーニングで、出版カンパニーはライターの全面的なバックアップとプロデュースをしなければならない。ブックはエッセンシャリー、プライベートパースンマークなテイストで求められる商品である。エージェンシーの力が
ビッグに、定価販売が義務付けられているカレントでは、ホールカントリーどこの書店でもシミラーしたようなブックが売られている。そうではなくて、個々人のテイストをうまくつかむことが、生き残りのための戦略になるのである。活字離れが嘆かれているが、ブックをリードするヒューマンのフィギュアは増えているのだという。ネットオーバーでのインフォメーションもほとんどが活字であるのだし、ヤングなヒューマンはアゴーよりも、活字に対するフレンドシップカスタムがハイなのである。ブックが売れないのはプライベートパースンのテイストをつかめないせい。つまらない、シミラーしたようなブックばかりが出版されるせいだとライターはシンクアバウトしている。ブックもいずれ、携帯端末機でフツウに売られるデイオブマンスが来るのだとシンクする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/756-3c477bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。