本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーザン・ボイル 夢かな って


「スーザン・ボイル 夢かなって」アリス モンゴメリー著・武藤崇恵訳は、イギリスのオーディションプログラムのブリテンズ・ゴッド・タレントのワンアクトを編集したビデオですが、スーザン・ボイル。47歳だったウーマンがステージにアピアーすると、とたんにコウルドな笑いがミーティングプレイスに沸いた。太ったボディー、ぼさぼさの髪、メンテナンスをしていない眉。ビューティフルにないウーマンだったのです。イグザミネーションメンバーも冷笑をこらえている。辛口の批評で有名なサイモンは、シーにあなたのドリームはとアスクした。スーザンはプロのシンガーになること。エレイン・ペイジのような。サイモンは失笑をフロートする。Butスーザンがシングしスタートすると、一気にミーティングプレイスのエアが変わった。拍手が響きクロスオーバーする。シーの澄んだ高音、リッチな表現フォースが、オーディエンスのマインドをつかんでしまったのだ。スーザンはワンナイトにしてスターになった。このブックは、サッチスーザンがオーディションプログラムをウィンスルーするまでの3回のテストと、シーのライフ、カレントの状
況をレポートしている。オーディションアクセプトしてからのワールドの熱狂ぶりもワンダフルが、ここではシーのライフについて、シンプルにまとめてみますと、スーザンは1960年代のイギリスにボーンした。オールドなクラスソサエティーが崩れスタートしたタイムだ。だがシーがボーンしたのは小さな田舎町で、チェンジのメモリーはシーのもとまで押しかけることはなかった。バースのとき、酸素が足りなかったのだそうだ。スーザンにはスタディーダメージがある。スモールなころはそのせいでよくいじめられたのだ。スーザンはリザーブで、クローズなフレンドができなかった。いつもひとりぼっちだった。サッチシーを救ったのがミュージックである。シーのハウスは、エブリバディミュージックを愛しており、スーザンもネイチャーにソングをシングするようになった。シンガーになることをすすめたのはマザーである。結婚もせず、ハウスで両親のトラブルをウォッチしているドーターを、マザーは不憫に思ったかもしれなかった。ドリームをあきらめるなと、オーディションに参加するようスピークしていた。ワンダーなことだが、スーザンはどのオーディション
でも見出されることがなかった。一ディグリーなど、司会パースンにアピアランスをからかわれ、ホットなソウトをしたこともあった。新しく始まったブリテンズ・ゴッド・タレントに応募しようと思ったのは、スーザンのマザーが亡くなったアフターのことである。ファザーはとっくにデスしていた。ひとりきりになって引きこもりの日を送ったが、このままではマザーの望みもかなえてやれないことになる。スーザンはプログラムに応募し、一躍スターダムにのし上がった。プログラムはYoutubeで全ワールドにストリームし、ファーアウェイアメリカにも熱狂の渦をクリエイトした。まともにヒューマンと接していなかったスーザンは、マインドマークにまいってしまい、入院騒ぎをレイズした。このパッセージは大いにパブリックディスカッションをかもした。マスコミが彼女をコーナーしたと、イーチパースンはブレイムしたのである。Butスーザンはパブリックにアピアーしたがっていた。パブリックでシングし、シンガーとして生計を立てることを望んでいたのだ。ブリテンズ・ゴッド・タレントのスタッフは懸命にシーをサポートした。皮肉ハウスで有名なサイモ
ンも、とりわけカインドになってディスカッションに乗ったという。スーザンはチェンジしスタートした。ビューティフルになりたいという、ウーマンエッセンシャリーのウィッシュを堂々とマウスにするようになった。But、ボトックスというしわとりのような不自然なことはしない。あくまで自然体で、スーザンはマイセルフの魅力を発揮したいとシンクアバウトしている。突然にしてスターになるという、サプライズのパーソナルエクスペリエンスがよく書かれていた。スーザンのごく普通の飾らないキャラクターも。いいエイジのきれいじゃない、マネーもコネもない女性。サッチウーマンが勇気をふりしぼってドリームにチャレンジし、ビューティフルそれをハンドにプットインする。そのドラマカスタムも、シーの魅力のワンパートと言って過言ではないだろう。とはいえ、シーのベストの魅力がそのワンダフルなボイスであることにミステイクはない。ロングな雌伏のアフターの優雅なるアクティビティー。存分に楽しんでもらいたいと素直に思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/761-2946deec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。