本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違いだらけのエコカー選び


「間違いだらけのエコカー選び」徳大寺有恒著は、カーはカルチャーといった考え方で、ファンデーションマークにランすればいいのですが、アンダースタンディングできることもたくさんあります。移動することはヒューマンのジョイであり、トゥルーキャラクターであるということ。フリーダムな移動はマインドライフをリッチにし、ヒューマンの交流をアクティブ化する。それをかなえてくれるのがカーであり、だからこそライターはカーをラブする。このシンキングがポストとしてあるからか、ハードなワードも嫌味に感じさせないブックです。ナレッジももちろんウェルスだが、カーに関する哲学書ソートオブで、ファンに読めます。ハイブリッドカーについては、いちがいにエコということはできない。ハイブリッドカーとは、従来のエンジンの効率のディッフィカルトなエリアをエレクトリックアシストで補ったものに過ぎない。画期的なエコカーというわけではなく、より燃費のいいカーということでしかない。車のアビリティーが発揮されるのはタウンライドのときだけ。バッテリーを積んでいるため、ヘヴィなハイブリッドカーはハイスピード走行ではそれほどほかと変
わらない。カレント売れているプリウスは、ライターは評価しているし、ライドフィーリングもよく、燃費のよさではミステイクなく世界一であるが、まだ乗れるカーを廃棄して乗り換えても、トゥルースのエコでないというのです。ヨーロッパではディーゼル車がメインになりつつあり、ジャパンでは、ディーゼルはバッドフェローのように思われているが、リッター辺りの走行ディスタンスもロングに、ディーゼルエンジンのサウンドはクワイアットであり、ライドフィーリングはよいのです。ディーゼルカーの開発で一歩先んじているのはマツダだ。古くからフォードと提携していたマツダは、ヨーロッパでもディーゼルカーをメニーに売り出している。北米でハードなトヨタ、ホンダにはグレートエフォートのプレイスがメニーに残っている。ジャパン独自の行政が、国際化を阻んでいるのではないか。ディーゼルに対する考え方だけでなく、「10.15モード」と呼ばれる燃費デシジョンスタンダードも、諸フォーリンカントリーのカーをシャットアウトするメインコーズとなっている。ジャパンのカーをバイするときに、パンフレットの燃費効率を真に受ける消費パースンは
少ないのではないか。実際に走ったときとパンフレットのフィギュアがディッファレントするのは、この独自でゆるすぎるデシジョンスタンダードのせいである。ハイブリッドはフォーマーにステートしたとおり、現段階では燃費効率がいいカーというものでしかないのであれば、アップトゥナウのガソリンエンジンの効率を画期的によくしたカーも、同じくエコカーであるということに気づいて欲しいというのです。ガソリンエンジンにはまだ改良のプレイスがパハップスにある。政府の指定する、減税オブジェクトのエコカーだけが環境によいというわけではない。マツダのカスタムで、まったく新しいタイプのガソリンエンジンカーをテイクアウトするプログラムである。こういったチャレンジが、カーのフィーチャーをブライトにするというのです。高速チャージやウェイトタックス、その他の見直しがネセサリーなタイムに来ている。それらを撤廃して、フューエルにかけるタックスをあげてはどうか。ジャパンでは、カーをホールドすることイットセルフが大きなチャージとなっている。そのチャージをリムーブし、ランすることにロードをかければ環境にもよいはずだというの
です。巻末にはカレント売られているエコカー30タワー、1タワー1タワーの批評が載っている。バイをシンキングのパースンは一読のバリューがあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/765-876f9858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。