本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口ベタでも人を動かす 魔 法のプレゼン


「口ベタでも人を動かす 魔法のプレゼン」山田進一著ですが、生きることはすなわちプレゼンであり、ビジネスであるというわけで、マウスベタでもうまくいくプレゼンのブックなのです。これからプレゼンにメイクエフォートしたいというヒューマンにはいいかもしれません。マテリアルマークなメソッドがいろいろ書かれています。インポータントなのは、オーディエンスの状況をアンダースタンディングしておくことで、インタレストのないトークをしたインザエンドにディッファレンスのトークがヒアしたかったんだけどなどと言われることがあります。事前にインフォメーションをコレクトし、コミュニケーションをとっておき、ミーティングプレイスのステート、参加人数なども漏れなくチェックアップしておくことです。チームでルックアウトオンするアワーはパーパス統一も忘れずに、資料を作成するビフォーに、どのような展開でトークを進めるかをディサイドしてセイムミーニングを得られるようにします。説得フォースのあるトークをするためには、ミニットなインベスティゲイションがインポータントで、たとえば子育てについてのプレゼンなら、エクスペ
リエンスパースンに会って実際にトークをきいておくとか、テレフォンなどのヒアリングをパフォームするとグッドなです。オーディエンスのインタレストをプルするためには、結論からスピークしスタートする、ベストリポートしたいことをビギニングにサジェストすることがポイントです。たとえば、サポートが充実していることをリポートしたいケースは、寄せられたクレームをフィギュアカスタム披露してみて、そのクレームにどのようにディールウィズしたか、マテリアルカスタムがあるとオーディエンスもイマジネーションがしやすくアンダースタンディングがポッシブルしやすくなります。プレゼンとなると、資料コンストラクションにフリーズするヒューマンがいますが、タイムをかければよい資料ができるわけではありませんので、なるべくタイムは節約すべきです。マウスを使わずキーボードでワークができるとコンフォートですが、マジックのコツワンダフルなマークなナレッジではありませんか、知ってて損はないタイニーナレッジソートオブなものです。テキストの巻末にまとめがあるので、インタレストのあるパースンはどうぞ。資料を使えるなら、センスオブ
サイトに訴えてメリットはブルー、デメリットはレッドなど、レターカラーをチェンジする手法もありますが、ごちゃごちゃしすぎるのはスピリットを散らすことになるので、適度なところでハンドをヒットすることがポイントです。スライドをユーズするとき、一枚一枚にベストリポートしたいことをきちんと書いておき、プレゼンでネセサリーなスライドの枚数は、1ミニットあたり1枚がスタンダードにします。ショーする資料と手渡す資料を別にドローアップすると、よりサブジェクトがゴーアロングしやすいですし、投影タスクの資料を印刷してどうぞ、というのは考え直したいところです。きちんとスリープをとって、パーソナルアピアランスを整えてプレゼンにチャレンジすることもインポータントなことです。髪は乱れていないか、ネクタイは曲がっていないか、スーツのコウトのポケットはちゃんとアピアーしているか、ベルトはオフしていないか、ズボンのチャックは開いていないかなど、プレゼンアゴーのプロブレムについてもスピリットをデリバーすることがインポータントなのです。緊張を隠さないで、緊張しておりましてとビギニングに言ってしまえ
ばコンフォートになり、オーディエンスに緊張するほどインポータントに思っていると感じさせることもポイントです。イメージトレーニングをしてオーディエンスをちゃんとウォッチして、ゆっくりスピークし、タイムをオーバーしない、ブレイクインサイドもオーディエンスとのコミュニケーションをプランするなどが上げられます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/766-5806d726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。