本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女の密告


「乙女の密告」赤染晶子著は、143回芥川賞受賞作で、フォーリンカントリーランゲージユニヴァーシティーでドイツランゲージをスタディーするウーマンスチューデントたちを描いたものです。主人公のみか子はバッハマンプロフェッサーのゼミに参加している。バッハマンプロフェッサーは変わったヒューマンで、いつもウェストドールをハンドに持っている。バッハマンプロフェッサーはスチューデントのことをドーターとコールアウトし、すみれクラス、ブラックばら組というふたつの派閥にセパレートしていたのです。アウトサイド大ではジャニュアリーにスピーチコンテストが開かれる。みか子が参加するのは暗唱のクラブ。みか子たちドーターは、バッハマンプロフェッサーからサブジェクトを渡された。アンネのダイアリーのパッセージを暗記せよというのだ。それはアンネの日記のインサイドでもベスト緊迫するシーンだった。インベスティゲイションのハンドがスーンに迫ってくるのだ。ダイアリーのインサイドでアンネは、マイセルフがユダヤヒューマンであることをハードに自覚し、メッセージを受け入れようとデシジョンするのですが、同時に、アンネはウ
ォーが終わったらオランダヒューマンになりたいとも書いている。アンネはアンネのままでいたかったはずなのに。隠れ家の中で、アンネはワンセルフとはホワットか、懸命に問うていたのだ。スピーチのプラクティスが始まったのですが、みか子は、ホワットディグリーも同じシーンでつまづいてしまう。オーダーのワードがスムーズに出てこない。上級生に、麗子様というスチューデントがいる。ホワットディグリー留年したか知れず、スピーチに人生をかけているようなヒューマンだ。首からストップウォッチをハングし、イグザクトなスピーチができるようエブリデイ心がけている。麗子様にはよからぬうわさがあった。バッハマンプロフェッサーとライトにない仲であるというのだ。もちろんアクチュアルスポットを見たパースンはいない。プルーフもないのですが、ドーターとは、プルーフや現実よりうわさがラブなアニマルなのです。麗子様とバッハマンプロフェッサーはプロフェッサーのルームでクローズにスピークしているのだと言う。ひそひそボイスがエスケープしている。みか子はデシジョンし、ひそひそボイスがストリームするルームのドアをオープンした。そこに
いたのはプロフェッサーとあの西洋ドールだけ。プロフェッサーはドールと語らっていただけだったのです。肩透かしをイートするみか子だが、そのステートを見られたことにノーティスしあわてる。ディスタイムはみか子がうわさのオブジェクトになってしまったのです。ドーターはトゥルースを突き止めない。うわさだけが一ヒューマンウォークししていくのです。シークレットインフォメーションをフィアーするアンネとみか子の心情がメインする。みか子のスピーチは未だオンザウェイでポーズするまま。オーダーのワードが思い出せないのだ。麗子様はその言葉こそ、みか子にベストインポータントな言葉。スピーチとはインポータントなワードに出会うためのものなのだからというのです。みか子は気づいた。シーがフォゲットしていたのはオランダヒューマンというワードだった。オランダヒューマンになりたいと願ったアンネ。ユダヤヒューマンであることが許されるピリオドではなかった。シーのワンセルフをティアーアップするワードを、みか子は無意識のうちに避けていたのだった。スピーチはストリームするようになった。プロフェッサーのドールが盗まれ、みか子
は犯人は麗子様だ。一度ドールを渡されるが、やはりみか子は麗子様のハンドにプットバックすることにした。麗子様はプロフェッサーを慕っていたらしい。スクールからゴーアウトした麗子様とドールをリクエストし、プロフェッサーがみか子のハウスに来る。みか子は思わずバッハマンプロフェッサーをジルバーバウアーと呼んだ。アンネたちを連れ去ったナチスの将校だ。プロフェッサーはあわてた。否定しアナザーパースンのネームでコールアウトするなと言う。アンネ・フランクが命がけでマイセルフ達にリーブしたワード。それはアンネ・フランクというネームそのものなのだ。ホロコーストのインサイドでメニーのヒューマンがそのネームを奪われた。殺されたヒューマンにはそれぞれネームがあった。スピーチでフォゲットすることをフィアーするな。マイセルフ達がリメンバーしているべきオンリーのワード、アンネ・フランクのネームを忘れなければそれでいいのです。みか子はスピーチタワーにスタンドする。みか子はそれまで、アンネがワンセルフを否定することがアフレイドにてたまらなかった。シークレットインフォメーションをフィアーしていた。トゥルース
をネセサリーとしないドーターであったみか子も、やはりトゥルースからアイをそむけていたのだ。みか子は宣言した。アンネ・フランクをシークレットインフォメーションします。シーはユダヤヒューマンです。ラストにアンネのネームをコールアウトする。ダイアリーはどれも、シーのネームで結ばれているからだ。アンネ・フランクよりと呼んで、みか子のスピーチは終わった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/770-059e5b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。