本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃・病原菌・鉄〈上巻〉─1 万3000年にわたる人類史の謎


「銃・病原菌・鉄〈上巻〉─1万3000年にわたる人類史の謎」ジャレド ダイアモンド著・倉骨影訳は、朝日新聞社がチューズする2000年から2009年までのベスト50とプランで、一プレイスに輝いたブックです。トピックのブックで、興奮とインプレッションでヘッドがぐちゃぐちゃになってしまった。オールレディー読のパースンもメニーとはシンクするのです。アースオーバーのウェルスとパワーはユーラシア大陸にリブインするヒューマンとそこをソースとするヒューマンに集中している。それはなぜかというのがこのブックのテーマなのです。ライトしスタートしたきっかけはダイアモンドファミリーネームがパプアニューギニアの友人にこう尋ねられたからだ。ホワイトパースンはいろいろなものを発達させた。だが我々には独自といえるものがない。それはなぜか。ウェルスとパワーが一方に集中し、ルールするサイドとされるサイドにブランチオフしたのはなぜか。ダイヤモンドファミリーネームの考察は氷河期のフィニッシュし、1メニー3サウザンドイヤービフォーに遡る。マンカインドは紀元前700メニーイヤー頃にアフリカでボーンし、紀元前一メニーイヤービフォータイムにはアメリカ大陸に上陸している。マンカインドがアメリカ大陸に上陸したのと同時に、そこにいたラージ哺乳類が絶滅した。テキストでは、狩りのアートが発達したワールドがアライバルしたことがそのコーズだとされている。ビギニング、マンカインドはみな狩猟採集ネイションであった。次に農耕が発展するのだが、それに適した環境と、そうでないアースオーバーには環境が存在する。マンカインドのヒストリーの中で、ビギニングに農耕をスタートしたのがメソポタミアの肥沃三サンアンドムーンエリアだということはよく知られている。このロットには改良しやすいプラントがメニーにネイティブしていた。麦やえんどうタイニー、カレントでも食べられるプラントが、アットザットタイムからハンドに入っていたのだ。農耕がビギンし、定住がかなうと、イーチパースンの暮らしはリッチになる。チャイルドのフィギュアが増えるし、食料がメニーにハンドにゲットインすることで、食糧リブバースに携わらないヒューマンが発生する。キングや神官、官僚、ソルジャーといった、食糧リブバースに寄与しないヒューマンを、農耕ソサエティーは養うことができるのだ。家畜をハンドにプットインすることができたのも、アザーの大陸にコンペアーして大きなドライブとなった。特にホースは、荷物を運ぶことができ、軍事タスクにも大きくユーズすることができた。家畜をキープし、クラウドしてリブすることは伝染病への抗体をポッシブルすることにもつながった。伝染病は、アニマルからヒューマンへうつることがメニーだった。早くからその病原菌にさらされたゼイは、抗体をプロヴァイドフォーしたボディーにチェンジしていた。食糧リブバースに携わらないエリートたちがプロデュースする発明シング。メタル加工のアートや、レターがそれにあたる。レターはすばらしい発明だった。ナレッジを積み重ね、オーダーのワールドへ引き継いでいくことができる。ナレッジをファンデーションにして、コロンブスは新大陸へ向かった。このとき、ホース、ガン、そして病原菌という武器をゼイは持っていた。アメリカ大陸のラージ獣はファーなフォーマーに絶滅している。家畜とできるラージ獣はいない。つまりアメリカ先住民には、荷物を大量に運搬するメソッド、バトルアワーにおける機動
フォース、家畜から派生する病原菌への抗体、そういったものがまるでなかった。新大陸には農耕に適したプラントも少なかった。よって、大ナンバーオブピープルの集権ステートはカウントするほどしか存在していなかった。ステートにしても、レターを持っていなかった。ゼイはホワイトパースンとは何か、白人がホワットをリクエストしているのか、ポリースすることができなかった。抗体のない病原菌にさらされて、新大陸の先住民のメニーがデスに至った。9カットニヤーものイーチパースンが、この病にブレイクダウンしたという。フロントカバーカバーに描かれているピクチャーは、インカ帝国のアタワルパエンペラーが、ピッグペンでボーンしたアドベンチャーハウス、スペインヒューマンのピサロによって捕らえられるシーンを描いている。アタワルパにはフィギュアサウザンドのソルジャーがあった。対してピサロには200ネームビローのカンパニーだけである。なのにピサロはインカ兵を虐殺し、エンペラーをキャプチャすることができた。当時インカ帝国は、ホワイトパースンがもたらした天然痘のせいでレイトエンペラーをルーズし、内乱コンディショ
ンにあった。アタワルパは混乱のインサイドにあり、レターによる知織もなかった。ガンもなく、ホースもなかった。インカの兵は刺し子の鎧にストーンのスティックである。なすすべもなく殺されていった。ピサロにはナレッジがあった。前もってメキシコを征服したホワイトパースンのパーソナルエクスペリエンス談を、ヒーはよく学んでいたのだ。セイムアメリカ大陸の先住民でありながら、アタワルパはそれを知らなかった。リポートするアート、レターがなかったからである。これこそ、新大陸と旧大陸の出会いのシンボルマークなシーンであるとライターは言う。新大陸のイーチパースンは、旧大陸のガン(アイアン)と病原菌のビフォーにコンテストするすべを持たなかった。なぜアタワルパがピサロをアタックしてキャプチャすることができなかったのか。新大陸にはなぜ旧大陸のような発展が見られなかったのか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/771-28f523d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。