本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憚(はばか)りながら


「憚(はばか)りながら」後藤忠政著は、口語のフィギュアなのでリードしやすいのですが、山口組の二オーダーアソシエイション、後藤組元ボスが語ったサブジェクトをまとめたブックです。三ストリートのプレジャーがある。ひとつは、後藤組という暴力団コンストラクションのアイを通して語られる戦後ジャパンのロングサイドソサエティーのリアルコンディション。ふたつは、親分さん独自の哲学をノウするということ。みっつはラスト、レイターメンションです。後藤忠政は昭和17年、東京にボーンし、ウォーの激化とともに父方の田舎である静岡県富士宮マーケットにハウスをリムーブした。貧しい暮らしだったようだ。不良少年をコレクトして愚連隊をコールワンセルフするようになる。17歳のとき、ヤクザのエルダーブラザーミニットができ、ヒーにエア入れられけしかけられて、日本ナイフで相手方にカットイントゥするイベントをレイズした。初めての懲役をエクスペリエンスする。戦後しばらく、ヤクザはネセサリーバッドシングとして存在していたピリオドがあった。警察もゼイのハンドをボロゥしてイベントを解決することがあった。だが
、昭和40年になると、シーリアスマークなヤクザ撲滅エクササイズがビギンする。そのタイム唯一組織立った抵抗をしていたのは、三代目の田岡ボスがリードする山口組だった。ロングフォーしを抱いていた後藤さんは、チャンスあって山口組システム菅谷クラスシステム川内クラスボスの杯をアクセプトすることに。創価学会との関係も語られる。富士宮にステップフォワードしてきたとき、後藤組もその助けをしたという。オポジットスクールのシチズンにトークをしてやったそうなのだがアフターザット、創価学会は知らんぷりを決め込んだ。ユーたちは宗教コーポレイトボディーとして、俺たちは任侠にリブするワールドとして、イーチアザーの信義は守ってくれ。そうサジェストしたが、けんもほろろだった。サイエンティフィックソサエティーからはポリースパワーを使った嫌がらせが続く。そのような状況のインサイド、創価学会カルチャー会館で、後藤組システム幹部ら三ヒューマンが銃刀アクト違反でキャプチャされた。創価学会はおかしいとシンクする。ジャパンを乗っ取ろうとしている。民主党がウィッシュフォーするなら、証人喚問にアクセプトしてやっても
いいと思っている。トゥルースのフレンドとして、野村オータム介さんというパースンのネームが挙げられている。右翼の思想家、アクションハウスだ。彼が作った政党、風のアンダースタンディングを、朝日新聞が虱のアンダースタンディングと馬鹿にしたことがあった。マスコミはヒューマンをダメージする仕事だ。サツでもないのに、ヒューマンをコーナーしてライフまで奪うことがある。スピーチのワールドなら、暴力を使わなければ、ホワットをしてもいいというのはおかしい。バブル期にはジェネラルミーティングハウスのフィギュアもメニーにビューしてきた。ジェネラルミーティングビフォーに企業をターンするだけで、ペーパーバッグをノートでパンパンにしているジェネラルミーティング屋がいた。バッドシングとされてゴーアウトしていったが、もしゼイがプレゼントタイムもあれば、キヤノンのイベントなどパードゥンはしないだろう。プレジデントがダチオフィシャルフレンドにファクトリーコンストラクションの仕切りをやらせて、ホワット十ハンドレッドミリオンも儲けさせたイベントをポイントしている。そういうミーニングではプレジデントもチンピラだ
。Butパワーがある。ジェネラルの株主なんかが追求できるものか。フォーマーのジェネラルミーティングハウスがいたら、クッタクタにイわせて退陣させてた。マスコミが担うべきワークだが、広告コストほしさにバックがクローズするのがオチだ。プレゼントタイム、ジャパンにどれだけ骨のある、ソウトのあるビジネスヒューマンがいると言えるだろうか。ホリエモンなど小チンピラもいいところである。アダルトが周りにいて、なぜひっぱたかないのかワンダーにシンクする。バブルのフィギュア年でジャパンは骨抜きになったようだ。ファインがなくなった。政治家にもラインの通ったワールドがいなくなった。ヤクザも暴対法にやりこめられて青息吐息だ。ITバブルのタイム、マネーをボロゥしに来るヤングパースンのインダストリーハウスがたくさんいた。バンクが貸さないから、こんなところにディペンドオンするほかないのだ。これが現実。ネセサリーバッドシングを阻害することは、金のストリームも止めてしまう。後藤ボスは得度し、デッドのロードに入った。野村さんの知己であるチーフプリーストとのミーティングがきっかけだ。彼はプレゼントタイ
ム、アジアのプアーなカントリーを回って、スクールをビルドしたり文房具を送ったりしている。プアーだったマイセルフの少年ピリオドを彷彿とさせるからだ。テレビプログラムでかのアースにスクールをビルドするオークションをやっていたが、下品だと思った。コンパニオンのカントリーがプアーと、バラエティでやるネイチャーはおかしい。後藤氏が寄付をパフォームするとき、必ずアクチュアルプレイスにフットを運ぶことにしている。寄付が本当に困ったヒューマンにコンプリートするように。まだまだライトしたい小ネタはたくさんあるがハマコーがゼイから借金を踏み倒したトーク!とか、山一抗争のアザーサイドとか、ウーマンとのスマートなアソシエイションパースンとか。ジェネラルのライフをしている人にはチャンスがないワールドではあるが、語り口がユーモラスなので気負わずに読めます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/774-6e03e160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。