本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルクライマー


「ヒルクライマー」高千穂遙著は、神音大作は、ふとしたことからロードバイクの魅力にとりつかれてしまい、メタボをスピリットにしていたボディーもすっきりとやせ、ホリデイはバイシクルにかかりっきりなのです。ファミリーとのトラブルがボーンしているのですが、大作には、これしかないというホットなソウトがあり、サラリーマンをやめてプロになることはないが、レースに参加し、よいレコードをギブしているのです。松尾礼二がバイクにゲットオンするきっかけになったのは、若くしてクローズフレンドが亡くなったことだ。礼二はユニヴァーシティー中退のフリーター。マラソンプレーヤーであったが、大学を辞めてからはバイトばかりのエブリデイである。礼二に、クローズフレンドがバイクを一タワーリーブした。メンテナンスをしてもらうためにヴィジットしたバイクショップで、ロードバイクを楽しむイーチパースンのミーティングに出会うのです。
礼二も参加することにした。バイシクルにはマネーがかかる。But、ユージュアルゲットオンするものと違って、ヴァイオレントなエクササイズにベアーするコンストラクションになっています。関戸橋から多摩川まで、ショップで知り合ったヒューマンたちとツーリングにゴーアウトする。礼二もはまってしまった。ゼイはイーブンなタウンをランするのではない。坂をこぐ。マウントを登る。神音大作がいるチームに、礼二は次第になじんでいった。朝倉美奈というウーマンがいる。キャバクラにサーブしながら、チームに参加している。阿部紺太はプログラマー。マネーはあるそうで、エクササイズ不足を解消するためにバイシクルをはじめ、ヒーもはまった。ゼイは週末ごとに集まって関東のマウントをライズする。ワールド関係も入り乱れてくる。礼二は大作のドーターとアソシエイトウィズするようになった。大作のドーター、あかりはファザーに反感を持っている。礼二とカンパニーをスタートしてからも、バイシクルをラブするゼイのフィーリングがわからず、戸惑う。大作はサラリーマンでありながら、レースにおいては有力なプレーヤーであり、ネームも知れてい
た。その大作に挑めるのは、アビリティーのある礼二しかいない。阿部紺太にウォーターを向けられ、礼二はマウントにフェイスする。大作は礼二とあかりの仲を知っている。デューティーの親子にコピーしたふたりのマンのバトルがビギンする。バイシクルがラブなヒューマン、関東の地理にフルに、ロードバイクでランする人にはインタレスティングかも知れません。バイシクル競技の描写、初めてゲットオンするヒューマンに対するアテンション礼二のパーソナルエクスペリエンスとして描かれる、ヒルクライムの魅力、らしきものはたくさんあるが、ファンデーション的にクローズしている。知らないヒューマンをロールアップするフォースは、バッドラックだけどない。ワールド関係の描写はさらに寂寥です。セックス大好きな女子高イノセントあかり、ホビーにのめりこみホームを省みないサラリーマン大作、なぜかADHDというスパイスがふりかけられた礼二、大作を大作マナーと実際に呼んであがめるキャバヤングウーマン美奈。現実味がない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/779-b0f52ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。