本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光媒の花


「光媒の花」道尾秀介著は、短編集でアピアランスキャラクターが互いにリンクしあっているという構成なので、ネタばれです。
・隠れ鬼:スタンプストアーをキャリーオンするマンが、痴呆症の母とふたり暮らしであるときマザーが笹の花のピクチャーをドローし、ヒーはひやりとする。避暑地のサマー、少年だったマンは、あるウーマンにソウトをカムニヤーしたのですが、ウーマンはファザーの愛人だったのです。別れ話のアクチュアルスポットに遭遇した少年はウーマンをキルしてしまうのです。そのロットにも笹のフラワーが咲いていたのです。ポリースは父をルックフォーし、ファザーは自殺してしまった。
・虫送り:フレンドのスペースにうまく溶け込めないグレードスクールスチューデントの兄妹のふたりのプレジャーはイーブニングの川原でインセクトをテイクすることなのです。懐中エレクトリックライトでシャインオンすると、オポジットショアにもセイムライトがハブアンオーディエンスする。フレンドができたようでうれしかった。あるとき、ホームレスのマンに妹が連れ去られた。ハピネスにして無事だったが、ふたりはデシジョンしてマンのハウスをめがけて、ブリッジのオーバーからコンクリート片をドロップするのです。
・冬の蝶:兄妹がインセクト取りをするドライリバーベッドでオポジットショアにいたのはホームレスのカンパニーだったヒーは少年のタイム、インセクトをスタディーするワークにつきたかったのです。ワークのドリームを、笑わない同級生がいた。シーにソウトをカムニヤーするのですがシーにはシークレットがあったのです。マザーが連れ込んだマンに、エブリデイ性的な虐待を受けていたのです。懐中エレクトリックライトをつけていたのは、オポジットショアのカンパニーのマンがベリィヤングなガールに興味をホールドする変質パースンだと知っていたからなのです。かつて同級生を救ってやれなかったマイセルフに、後悔があったからなのです。あの日、ホワットかがあったことを悟った少年は、カンパニーのマンをコンクリート片でストライクしキルしたのです。
・風媒花:トラック運転手はマザーにリカバリーをリメンバーし、ハウスをジャンプアウトしていた。カンパニープレジデントマンアンドワイフはいいヒューマンで、トラック運転手をよくかわいがってくれる。あるときカンパニープレジデントのワイフが、ウィンドで受粉するフラワーを風媒花というのだとティーチしてくれた。運転手は姉をシンクする。ファザーをルーズサムしていた。必死でワークするマザーを、姉はサポートし、家族のために犠牲になったようなスピリットがする。姉はウィンドに吹かれ、流されるだけのライフを送ってきただろうか。姉がブレイクダウンした。Butその姉の助けをポッシブルして、ヒーはマザーと再びワードをターンアサイドするようになった。風媒花なんかじゃない。姉はちゃんとマイセルフのウィルを持っている。センテンスがきれいなので、リードするとちゃんとディープなミーニングがある。直木賞の選評にもあるのですけれど、性的虐待をショックマークに使われるのにはちょっと、やーなフィーリングがリメインする。虫送りのラスト辺りのスピーチに、サッチやつ、死んでもいいよとアンサーしたくなる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/781-8b2bb7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。