本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力


「小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力」中村仁著は、満席のスターバックスの隣のコーヒーショップは、閑古鳥が鳴いているといったシーンをアイにすることが、田舎町でも珍しくありません。フロントキャッスルゲートチェーンにはかなわないのか。そのクェスチョンに、ライターはサッチことないとアンサーしている。これからは個ストアーのパースンが、個性あるストアーこそが生き残るのだというのです。ツイッターを利用した販促、集客アート。ライターは「ピッグクラス」というトンカツ、ピッグしゃぶクッキングのストアーを経営している。ライターのエクスペリエンスをファンデーションにしたものでわかりやすい。センテンスも簡潔明瞭、語りがアッパーパートなので読み物としてもファン。プライベートパースンの飲食ストアーがホールドする勝機とはホワットか。それはゲストとのつながり、コミュニティなのだとライターは言う。大手にはかなわないこだわり、大手が排除しがちな一タイムが、ゲストをつなぎとめるのだそうだ。これまでフードアンドドリンクストアーには、ゲストに一方的にインフォメーションを垂れフロ
ートする販促しかできなかった。セールのノーティスや値引きインフォメーション。しかしツイッターでは、双方向の交流がポッシブルである。豚組では、オフィシャルアカウントとキッチンドアアカウントというものをクリエイトし、お客さんとのミステリーな交流を行っている。オフィシャルアカウントは従来のインフォメーションにニヤー。フォーマーにステートしたストアーのセール情報などをフロートする。礼儀ライトに接し、問い合わせをレシーブする。キッチンドアアカウントは少々キッチンがディッファレントする。これはライターが運営しているアカウントだ。プライベートパースンの個性がハードに打ち出されている。プライベートやホビーにまで、こちらではリファレンスしている。これにリードするサイドはどうフィールするのか。マイセルフだったらどうであるか、少しイマジネーションしてみていただきたい。ストアーのショップマネージャーが、なんだかブレイクしたステートでトークをしている。そのスピリットになればマイセルフもトークすることができる。聞いてみたかったあれこれ、気軽にアスクすることもできる。親近フィーリングがわくのではな
いか。ふと、ミートしにゴーしたくならないだろうか。キッチンドアアカウントが狙うのはまさにそれだ。ゲストとのディスタンスをボイルダウンする。このアカウントからは予約をテイクすることもでき、ちょっとしたプリーズをリポートすることもできる。店主はそれにできるだけ応じようとする。このアカウントから予約をプットインしてもらったケース、ライターはなるべくテーブルに足を運んでグリーティングをするようにしているのだそうだ。うれしいじゃないか。店主が友達のようにグリーティングに来てくれるなんて。フレンドや恋人、トゥギャザーにいたヒューマンに、少しばかりプライドができるのではないか。このプレミアフィーリングがゲストをインプレッションさせる。そのインプレッションがツイッターに投下されると、いいインプレッションを持ってストアーのネームが広がっていく。シンクアバウトしてみればこれはアップトゥナウからフードアンドドリンクストアーが望んで行っていたことである。口コミを、レギュラーカスタマーゲストを作ること。それがツイッターでは、トゥワイスのスピードと密度でポッシブルになるということだ。ツイッターだ
からとディッフィカルトにシンクアバウトするネセサリーはない。要はコミュニケーションのプロブレムである。ツイッターで炎上した例も取り上げられているが、ごくユージュアルのオーネストな対応が鎮火には役立つのだと述べられている。ビジネス書にしてはぽってりとぶ厚めの本と言える。その分サブジェクトもシック。フォーマーにも書いたがセンテンスがこなれていて語りアッパーパートなので、すらすらリードし進んでいける。どうすれば親近フィーリングを持ってもらえるか。押し付けがましくない販促とは。アッパーパートなバリュー情報のフロートしパースン、炎上のエッジの対処アクト。実際に試行錯誤、エクスペリエンスされたことなのでシーリアスわかりやすい。導入をシンクアバウトしている企業さん、チャージパースンのパースン。ビジネス、販促をツイッターで行っておられるビジネスのパースンには特に一読の価値があります。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/785-512648d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。