本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷上の美しき戦士たち


「氷上の美しき戦士たち」田村明子著のライターの田村明子さんは米国在住のジャーナリストで、17イヤーというロングな年月をフィギュアスケートの取材にスペンドし、さまざまなプレーヤーに接してきたのです。この本ではヤングマンプレーヤーについてがメニーに述べられている。トピックの4回転ジャンプ論争についても。カレントヤングマンフィギュアワールドオブではこの4回転ジャンプをジャンプする、飛ばないで論争がゲットアップしているのだそうです。すごいジャンプで、プルシェンコ、ヤグディンなどをレイズしたロシアヒューマンコーチ、ミーシンファミリーネームが語っている。4回転は3回転の延長線オーバーにあるジャンプではない。まったく別次元のものだといっています。マインドマーク、ボディーマークなプレッシャーがものすごく、これをマッチにプットインするかどうかはそのフィニッシュに大きなエフェクトをギブする。4回転をスローアウェイしてアザーをパーフェクトにするか。アザーを犠牲にしてもディフィカルティにチャレンジするのか。2008年ヨーテボリでは、キングとなったジェフリー・バ
トルは4回転に挑まなかった。ノーミスのワンダフルな縁起であったが、二プレイスのブライアン・ジュベールがこれにシングルワード、苦言を呈した。ほかのプレーヤーはエブリバディ4回転に挑んだ。ビューティフルなスケーティングにインポータンスをプットするこの採点フォームでは、ディッフィカルトなことにチャレンジするよりも、シンプルなプログラムをミスなくスライドするパースンが評価される。フィーリングはわかるがキングバトルはつなぎのパートにもフォースをプットインしてプラクティスした。フィギュアスケートは全体が評バリューされるものと、シンキングを語った。革新を求めるヒューマンと、成熟をリクエストするヒューマン。どっちがライトなんてわけ、あるはずがない。バトルのような熟練の演技にプラスして、4回転をジャンプする選手がアピアーするだろうとライターは暗にステートしている。パトリック・チャンのネームをレイズしながら、ライズオブするヤングパースンについても記述している。バンクーバー五輪で銅メダルをとった高橋大輔選手も、果敢にこの4回転ジャンプにチャレンジした。惜しくも失敗に終わ
ったが、そのチャレンジがいかに勇気のあるものだったのか、このブックを読んでよくわかった。ヒーはかつてマイセルフのことをへたれと呼んでいたそうだ。著者がウォッチしても、実にチャイルドっぽい少年であったという。ヒーはトリノ五輪のアピアランスをチャンスに変容した。これまで負けず嫌いのキャラクターをショーすることを、恥ずかしいとフィールしていたのですが、荒川プレーヤーのアクティビティーをウォッチしてマイセルフはルーズするのがヘイトなんだ。ヴィクトリースタンドのベストオーバーにスタンドしたいんだとシンクアバウトするようになった。織田信成プレーヤーはのほほんとヒューマンのよいキャラクターであるソートオブ。ヒューマンを喜ばせるのがラブ、楽しんでもらいたいというサービスマインドが旺盛で、スケートにもヒューマンのアイをプルするカリスマカスタムがある。ジャパン代表としてアピアランスした小塚崇彦プレーヤーは新採点フォームのフェイヴァーをメニーに受けられるプレーヤーだ。新採点フォームではスケーティングのビューティフルさがホワットよりもディマンドされる。祖父のプライスからスケートに関わってきた
、まさにサラブレッドである小塚プレーヤー。アフターディスのアクティビティーが期待されるヤングパースンである。さまざまなプレーヤーが取り上げられ、ゼイのオーネスト、ヒストリーが温かいタッチで描かれている。プルシェンコプレーヤー、ビギニングは頼りなくてニワトリソートオブだったというのが笑えた。米国をタイプする二ヒューマン、ライサチェクプレーヤーとウィアープレーヤーのフレンドシップもほほえましかった。取材エッジの苦労やインサイドストーリーもベリィインタレスティング。ヤングマンフィギュアファンのパースンは必読ですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/793-2b10d801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。