本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下流の宴


「下流の宴」林真理子著は、由美子のハズバンドは早稲田大卒のサラリーマンで、サンの翔、ドーターの可奈のふたりのチャイルドにリッチインした。由美子は不満で、翔にはあれこれハンドをかけた。エリートになってほしかったのに、翔は中卒、カレントはフリーターである。翔はハウスをアピアーしてゴーし、オンラインゲームで知り合った玉緒という女性と同棲していた。沖縄出身の玉緒もフリーター。あんなローリバーのウーマンとトゥギャザーになるのかとシンクすると由美子はぞっとするばかりだ。由美子のマザーは女手一つでドーター二ヒューマンをレイズした。ファザーはメディカルドクターだったがアーリーデスした。メディカルドクターのドーターであったということが由美子のプライドなのだ。ローリバーでいてはいけない。追い立てられるようなソウトがある。可奈はビューティフルフェイスのドーターで、ユニヴァーシティーはお嬢様学校と呼ばれる女子大を選び、ビューティフルフェイスをエサに、よいマンをハンドに入れようとエブリデイペインしている。マザーのように、メインボディーサラリーマンのワイフになるのは真っ平だった。翔と玉緒は仲良く
やっているようだ。ふたりで稼いで月30万のマネーで、100円ショップでシングをバイし、ドラ焼きをかじるデートをコンティニューしている。あるとき、玉緒の弟が突然上京してきた。高卒で内定したカンパニーが倒産したというのだ。知り合った中国人ウーマンにマネーをパスオーバーするため、玉緒の弟はつい、翔の保険プルーフで携帯テレフォンを買ってしまった。ロングサイドバイトというやつにひっかかったのだ。事情を知らされ、由美子は激怒する。うちはメディカルドクターの血筋なの、ユーのような家の子とはディッファレントするの。犯罪などに巻き込まないで。玉緒の前でシャウトアットすると、玉緒もアクセプトしてたんかを切った。マイセルフはメディカルドクターになるから、そのワード、取り消してくれ。玉緒は高卒である。言ったアフターで悩んだが、幸い、仲のいい美容ティーチャーのつてで、ある受験予備校のクリエイションパースンと知り合うことができた。ニューズ制のスクールだ。玉緒はダイし物狂いでスタディーにメイクエフォートする。スタディーはファンだった。ドアがオープンするようだと思った。しかし翔は、サッチ玉緒
にディスタンスをフィールするようになっていた。がんばるウーマンはヘイトだ。翔は玉緒をウォッチしながらシンクする。一方で可奈は、内定していたメーカーの就職を蹴り、センド社員となってワークし始めた。トップグレード企業にゲットインするには、そのほうがよいとシンクアバウトしたのだ。合コンにもハンドをランアウトし、可奈はフォーリンキャピタルシステムのトレーダーとの結婚にこぎつけた。いわゆるでき婚であるが、ハズバンドはリッチマンでハイクラスマンションにリブインすることができた。イナフにウィンクラスであるはずだったが、ハズバンドは結婚ワンイヤーハーフほどでうつ病になってしまった。カンパニーもクビだ。三重の田舎に帰ろうと言われ、可奈はアングリーするばかり。玉緒は医学部のエントランスイグザミネーションに受かった。メディカルドクターになるため、アフターディスもグレートエフォートをしようとシンクする。But翔はサッチシーからリーブしてしまった。翔はプレゼントタイムでもフリーターだ。ひとりでリブするのはハードならしく、ときどきホームへ戻ってくる。可奈も由美子のハウスに戻ってきた。由美子の
ホープは、可奈がリードして帰った孫のコウダディーだけ…。覇気もない、ついでに性欲もない翔くん。カーもインニードオブにないと言って、祖母をたいそう驚かせる。コンディションもディッフィカルトになるはずね、ヤングなボーイがカーを欲しがらないだなんてと祖母は嘆く。翔くんはアイドルグループにいてもおかしくないほどアピアランスのいいチャイルドなのだそうだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/794-549ea215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。