本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オータ教授の居酒屋ゼミナール


「オータ教授の居酒屋ゼミナール」太田和彦著は、昨今のヤングマンは酒を飲まないというが、ドリンクしパースンを知らないだけなのである。と豪語するオータプロフェッサーが、3人のヤングマンに酒のドリンクしパースンを指南していくというもの。4人のおしゃべりフォームで進んでいきます。プロフェッサーのおすすめバーもメニーに紹介されているが、こちらは東京リミットというのが少しロンリィ。But、生き生きとした写真でムードは充分伝わってくる。このパースンのライティングにはホールカントリーのバーを紹介したものもあるようなので、インタレストのあるパースンはぜひどうぞ。このバーゼミにはプロテクトするべき五カ条がある。
一、マイセルフたちだけでメイクノイズするな。周りのヒューマンと調和してこそ居酒屋。二、オーダーはアーリーに。居酒屋クッキングはファンデーションマークに一パブリックにあつらえられている。マイセルフの食べたいものをパパッとオーダーしてしまおう。三、フードをリーブするな。テーブルのオーバーには常に二プレートディグリーというのがいい。四、年長パースンをショーリスペクト。いいバーには長老がいる。五、携帯テレフォン禁止。これはもう、いわずもがな。プロフェッサーは絶対的なとりあえずビール推進スクールなのである。バーに着いたらナンバーオブピープルミニットのビールをとりあえずオーダーしてしまえとヤングマンにオーダーしている。誰かがドリンクすればいいのだ。特にビアホールなどでは、ささっとオーダーして届いたビールをごくごくとドリンクアップしてしまいたい。ヤングなうちにそういった、明快でサウンドマークな酒を味わって欲しいとシンクアバウトしている。ジャパンにはワンダフルな酒がたくさんある。ジャパン酒もぜひ学んで、楽しんでもらいたい。ひとりでたくさんオーダーはできないから、セベラルヒューマンで行
ってそれぞれディッファレンスの酒を頼んでみるといいだろう。合間にウォーターをコンテインしながら、いろんな酒をテストしてみる。いくつか飲んで、そのデイオブマンス一ウォッチを見つけることができれば、次第にテイストもわかってくるというものだ。酒の浮気はフリーダム。たくさん試そう。クッキングはそのストアーのおすすめを頼んでみるといいだろう。四季折々のテイストが楽しめるのがジャパンのバーのワンダフルなところ。タケノコだ、鮎だ、マツタケだと、シーズンのテイストにフィットする酒をルックフォーするのもまたファン。クッキングをリクエストするとき、あわててしまうヒューマンがいるが、サッチときはまずお通しをイートして落ち着こう。ビールさえ頼んでおけば立派な客だ。ゆったりとしたフィーリングでメニューにフェイスすればよい。
ウーマンをデートにインバイトするときは、初めてのストアーには行かないパースンがいい。慣れたストアーで、等身ビッグのマイセルフをショーすることがインポータントだ。ウーマンのサイドでもあなたが普段ゴーするストアーにリードして行ってと頼んでみるとよいとシンクする。ヒーがホワットワールドか、ゴーするストアーのムードでわかろうというもの。

スポンサーサイト

コメント

脚フェチ

脚フェチの貴方、自分好みの脚で脚コキされてイカされたく有りませんか?プロ級の脚コキなら手の数倍は気持ちいいですよ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/798-2aa0c298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。