本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の画家


「奇跡の画家」後藤正治著は、石井一男というパズルのペインターを描いたノンフィクションで、ヒーバイワンセルフについての記述は少なく、エマージェンシーに少なく、ページのメニーはヒーにスティックトゥするヒューマン、ヒーのピクチャーにタッチしたヒューマンについて割かれている。ライターバイワンセルフがオブジェクトを解きほぐすよりも、よりディープに感受したかったと述べている。そういう、ペインターであるようなのだ。ぐいと迫ってえぐりテイクする対象には、どうにもなりえないキャラクターであるらしい。書かれていることのジェネラリィはヒーのピクチャーに接したヒューマンについてのことだ。Butこのメルマガでは、ラインフィギュアもさしてないことだし石井一男パースンヒムセルフについてをマスターに紹介します。ワンダーなピクチャーだ。グワッシュという手法で描かれている。ほの暗いシーンのインサイドに、スリープするようなウーマンのフェイスがぼんやりと浮かび上がる。はっきりとした輪郭はない。スポットに置かれた絵の具のカラーが、ウーマンになってアピアーした、という印象がある。テキストではこれをイコンのよ
うなピクチャーと表現している。キリスト教徒が、ゴッドやホーリーマンのフィギュアを描いたピクチャーにシミラーしているのだと書いている。アッパーパートではないらしいのだが、ワンダーとウォッチするパースンのマインドをつかむ。このピクチャーを描いたパースンヒムセルフは、46歳になるまでろくに絵筆を持たずにパスしてきたのだそうだ。石井一男はシングルである。神戸市のプレイスカット住宅の二階にひとりでリブしている。ヤングなタイム、正社員として働いたこともわずかにあるが、アフターディスはアルバイトで生計を立ててきた。石井一男は49歳で海文堂ギャラリーという画商にピクチャーを持ち込むが、その当時のワークはイーブニングペーパーデリバーしのアルバイト。月収は7、8万と、清貧の暮らしである。リザーブでシャイなキャラクターだ。アルバイトをチューズするスタンダードは黙ってできるワークであることだった。絵筆も持たず、鬱々とした日をパスしたこともあった。ピクチャーへのフィーリングをフォゲットしたことはなかった。46歳で絵筆をテイクし、のち3年黙ってピクチャーをドローしコン
ティニューした。フーにショーするつもりもなかった。無名のままありコンティニューして風化してアースにセンドバックすればいいと語ったこともある。ヒーはあるギャラリーの店主の言葉にディープインプレッションをリメンバーした。店主はストアーで小ブックを発行していたのだ。このヒューマンならと感じ入り、神戸の海文堂へとピクチャーを持ち込んだ。持ち込まれた島田さんは、海文堂書店のカンパニープレジデントをサーブしたキャラクター。ピクチャー、アートにもブライト。絵を見せられて、ヒーはブレスを呑んだ。完全なアマチュアの画家が、これほどまでにワンダフルなピクチャーをドローしためていたとは。ピクチャーは巧拙をゴーパーストした、ホーリーもののエリアに達している。海文堂で開かれた個展にはメニーのヒューマンがつめかけた。無名のプライベートパースン画家には珍しく、石井のピクチャーはそこで完売した。マネーを渡そうとすると、石井はかたくなに固辞し、ヤングな芸術ハウスをサポートするファンデーションに寄付してくれと言いテイクアウトした。島田は困惑の表情をフロートする。石井さん、そのファンデーションはあなたのよ
うなヒューマンをサポートするためのものなのです。デスのディーププールにあってピクチャーをバイしたヒューマン、震災でスチューデントをなくし、ピクチャーに慰めをファインドアウトするヒューマン、ヒーのピクチャーをラブする神戸のオールドショップレストラン。しつこいが、ほとんどはヒーのピクチャーを買ったヒューマンについて述べられている。それが、もどかしい。くり返すけどもどかしい。しかしそういう書き方をしたかったライターのフィーリング、シンキングもすごくよくわかるようなスピリットがする。

スポンサーサイト

コメント

グリー

グリーで理想の人と出会いたい…あなたの希望を叶えます。素敵な出会いをしませんか?

Hチェッカー

今、Hチェッカーではカウンセラーを募集してます。と言っても相手が送ってくるメールを見て自分好みならそのままやり取りして頂いちゃって下さい。女の子のパーティーとかで人気なので管理側が間に合わず急遽募集です。応募方法はチェッカー登録後サイトに記載されてます

こんにちは
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。






  • 2010/10/02(土) 15:41:53 |
  • URL |
  • タダ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/800-f12605c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。