本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セックスしたがる男、愛を求める女


「セックスしたがる男、愛を求める女」アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ著は、「話を聞かない男、地図を読めない女」の著者による男女ディスカッション第2ショットです。サブジェクトをシングルワードで言うとマンがシンクアバウトすることの大パートはセックスとイートすること。ウーマンは資源を持ったハードなマンがラブということ。ヒューマンの本能についてディスカスしている。ラブやラブ、結婚に関しては、近年それをサークルするソサエティーマーク状況がビッグに変化したが、一メニーイヤービフォーの狩猟時代から、ヒューマンの本能というものはそうそう変わってはいない。コンピューターにコンペアーしてみる。ソサエティーマーク状況や育ちから得られたソウトはソフトのようなもの。対してヒューマンの本能は、それをムーブするハードのようなものと考えられる。生き残るため、カインドをリーブするための本能が、ラブやラブにも大きなエフェクトをコーズしている。マンとウーマンはそれぞれのパートから、ラブやラブに対する考え方もまるで違っているのである。マンがラブなウーマンと、ウーマンがドリームとするウーマンはディッファ
レントする。ウーマンはモデルのようなスリムでレベルなフィギュアの女を目指すが、マンがラブなウーマンのボディーはバストとヒップの対比が7アゲンスト3。チャイルドをメイクするのに適したフィギュアなのだという。マンはやせた女がラブとは、ウーマンのロングインプレッションなのである。ウーマンは笑わせてくれるマンがラブだ。ライフのブライトなフェイスをウォッチする、サウンドなヒューマンがラブ。狩猟ピリオド、フードを持ってきたメモリーもあるのか、クッキングができるマンもライクする。コミュニケーションがアッパーパートで、安心させてくれるというのもインポータントなポイントになる。向上心があり、リッチでサウンドで、そういうミーニングでの資源があるマンがウーマンには好まれる。オーネストであることもインポータントだ。チャイルドをギブバースし、レイズするピリオドをともにリブしてくれるマンを、ウーマンはチューズしたいとシンクアバウトしている。マンのブレインにはたくさんの小ルームがある。スペシャルの機能を発揮するルームだ。一ディグリーに一つのことしかできないが、集中フォースにはグローオール
ドしている。マンがラブとセックスを別々に考えられるのは、この機能のおかげといえる。ウーマンにはわかりづらいパートでもある。テキストでスタディーになったパートが、マンのブレインには、エンプティーの小ルームがあるらしいということ。このことでハズバンドとよくけんかをしたことがあるです。ヒーがぼんやりしているとき、ホワットをシンクアバウトしているのかハードに問いつめてしまうのです。するとヒーはホワットもシンクアバウトしてないというのです。ゲットアップしてアウェイクしているタイムバンドに、ホワットも考えないことがあるのだろうかとひたすらクェスチョンに思ってしまう。ウーマンのブレインは、同時にたくさんのことをシンクアバウトし、処理するフォースがあるそうなのだ。エンプティーのタイムというものはまったくアンダースタンディングができないものだ。マンにはこの、空っぽの小ルームに閉じこもり、ホワットも考えないタイムが絶対マークにネセサリーなのだそうだ。一日にフィギュアタイム、それがないとおかしくなってしまうらしい。ソサエティーマークな環境とか、そういうものをかんがみるとあれこれ文句も言いた
くなる一冊です。両性がうまくやっていくコツは、ウーマンはマンをたくさんアンダースタンディングして少なく愛し、マンは女性をアンダースタンディングすることなどあきらめてたくさんラブすることなんです。

スポンサーサイト

コメント

グリー

手軽に出 会うのって最近はSNS系サイトですが、手当たり次第では大変ですよね?ですが長年してるとある種の法則が有るのに気づいたんですよ、今回は特別にコツを伝授します、グリーは特に簡単に出来ますよ。色々コツは有るので興味のある方はコチラに

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/805-d4cf1e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。