本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸城と将軍 CG&浮世絵大ビジュアル


「江戸城と将軍 CG&浮世絵大ビジュアル 徳川幕府265年の系譜」は、徳川将軍家についてのフルな解説から、江戸城のアレンジし、そこでワークするヒューマンたちの暮らしぶり、ワークが紹介されている。ビジュアルブックなのでわかりやすい、ビューしているだけでもファンなブックです。ビギニングに描かれるのは家康がビルドしたキャッスルタワーで、江戸城には天守閣があったのです。この初代のキャッスルタワーは二プライスジェネラル秀忠、もしくは三代目の家光のチャンスに移動、取り壊しがなされたそうだが、イグザクトなタイムは未だ謎のままです。CGでリターンされたハイさ約72.4m。大阪城、安土キャッスル、姫路城をはるかにしのぐハイなキャッスルタワーで、ストーンウォールだけでも13mあったというから荘厳だったのです。大奥は本丸パレースと呼ばれる江戸城のセンタークラブで、その約ハーフを大奥のビルディングが占めていた。スカイからウォッチしたステートがリターンされているがとっても複雑です。瓦ルーフのロングなビルディングが複雑に組み合わされるように建てられているのです。ベル廊下と呼
ばれるジェネラルがパスする廊下があって、それをいくつか曲がってゴーするとジェネラル寝所というルームがある。そのビサイドにはパレース内向というルームがあり、それはキッチン正室の控え室です。御台プレイスの裏手にはウーマンたちがリブするビルディングがある。チーフステーションと呼ばれるのだが、プレゼントタイムで言うアローンパースンタスクのマンションソートオブなものだったそうです。ポジションやポジションでいろいろとディッファレンスはあるという。一般的なルームがリターンされていたが、格子ウィンドウのついた畳スプレッドアウトしのもので、なかなかパスしやすそうです。大奥には行儀見習いのためにやってくるヤングなドーターもいたのだそうだ。ここでアッパーストリームマナーを学んでエリート江戸ウーマンになるというわけです。ジェネラルに見初められたりもするかもしれないが、実際のところ、ほとんどの女子はロングフォーしだけを抱いたまま、ホームに戻ってジェネラルの結婚をしたのです。アッパーストリームのカルチャーにタッチして、ついでにささいなゴシップも仕入れて、垢抜けて戻っていくドーターもメニーいたので
す。モーニングゲットアップするとおめでとうございます、一日二ディグリー、三度着替えをしてビューティフルに着飾ったこと、ジェネラルと御台プレイスにオールトゥギャザーでグリーティングをするのにかかるタイムが約一タイムハーフだったなど、大奥の暮らしぶりもディーテイル。何もかもが大仰なのが江戸城でのライフなんだなと、ため息がアピアーするシーンもグレートナンバーではあったのです。ジェネラルのご飯、イートしリーブしのヘヴィさをメジャーするペイジまでいたんだってね。サウンドコンディションをメジャーするためではあるが、ジェネラルもシーリアスです。ジェネラルの寝室、トイレもきれいにリターンされている。また、ここでは取り上げなかったが、江戸城でゲットアップした種々のイベントについての記載もあり、江戸城のビジュアルフェイス、インサイドの人間パターンまでディープにエンジョイワンセルフすることができます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/807-15f53cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。