本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗者復活力


「敗者復活力」廣田康之著は、ハートもヘッドも熱いけれども、ホットながらも経営パースンらしい冷静さが見られ、読んでためになるブックです。ライターの廣田康之さんはカレント、13のカンパニーを所有してカンパニープレジデントをホワットヒューマンもレイズし、廣田康之さんは悠々自適のセミリタイア・ライフを満喫しています。廣田康之さんは高校を中退した後、ヒューマンのグッドウィルにたかる暮らしをコンティニューしていた。バーテン、忍者、とび職、エッグ配達。職も転々として、さまざまなビジネスを経験している。廣田康之さんのサクセスストーリーは、ある格闘ハウスとの出会いからビギンする。とかく破天荒な人間だったそのマンは、ライターにすべては肥やしや。ホワットをしてもいいとティーチしてくれた。やがてキックボクシングのワールドへ。そこでヒーは、モデルを見つけることのインポータントさを悟った。マイセルフがなりたいとシンクするワールド。といって、はるかフォーマーにいるわけではない、ハンドがリーチする範囲にあるモデル。その真似をしていれば、フォースはネイチャーについていくことをヒーは知った。グレート
エフォートのインポータントさを知ったのもこのときだった。これまで負けスペルのライフだったが、エブリデイのグレートエフォートをアッドするシングでヒューマンは変わっていくのだとスタディーするシングができた。ライトなグレートエフォートは必ず実を結ぶ。アイのビフォーをゴーするモデルを観察し、マイセルフと違うところを冷静に分析する。ハードなコンパニオンとファイトするシングで、ユーのグレードをあげるシングができる。そしてグレードをあげれば、オーダー、新しいワールドがアイのビフォーにオープンする。サクセスのためにネセサリーなシングを、廣田さんはこのときにボディーに刻んだ。廣田康之さんはコンストラクションインダストリーに転進する。ボディーワークのアクチュアルスポットは、廣田さんのカスタムに合っていたようだ。もう負け犬ではなかった。ヒューマンのヘイトするワークを進んでテイクアップし、ライバルカンパニーのワークをよく観察した。損得も考えずに前のめりにワークを続け、縁あってサポートしてくれたパースンのおかげで独立を果たすシングになる。小さなサクセスを、ハンドにしたのだった。But不況の
波が廣田さんのカンパニーにおそいかかる。トラストしていたビジネスフォーマーにワークを引き上げられ、廣田さんは下請けでありコンティニューするシングをやめようとデシジョンした。ゼロからスタートしてサクセスするビジネスというものが、テキストでは述べられている。カスタマーにダイレクト販売ができるもの、ということだ。どこかの下請けでは売上は常に不安定である。エンドユーザーにじかに触れられることが、サクセスのためのキーといえるのだ。スモールに始められるワークというのもインポータントなコンディションだ。ひとりでできて、徐々にプランを拡大していけるもの。たとえばファクトリーソートオブな、大掛かりな投資がネセサリーなものはサクセスには向かない。ニッチというワードにもスピリットをつけよう。ニッチな産業になど、アマチュアがハンドをテイクアウトするものではない。認知ディグリーのハイな産業の端っこに食いついて、そこでニッチなニーズをベアーするのが吉なのです。ファンなエピソードがそこここに見られ、信頼するカンパニーこそがすべてだと言い切っておられる。ギブするシングがサクセスのキーだともおっしゃっ
ている。ポケットマネーで社員にポケットマネーをパスオーバーするシングもあるのだそうだ。廣田さんは、それはわかってくれるヒューマンにしかしてはいけないとも説いている。与えて、貪っていくだけのヒューマンはだめだ。与えられたことをサンクスし、与え返してくれるヒューマンを周りにはプットするべき。広告チラシにファミリーのパースンの写真をプレイスオンしたり、スノーのインサイド、はだしでハウスを修理したりと、とかくホット、ファンなビジネスライフが語られる。がむしゃらにメイクプログレスすれば、モア一ステップヒューマンはプログレスする。ヘルプしてくれるヒューマンも増えるというのがベリィインタレスティングなシングです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/813-61573be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。