本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラクガキ・マスター


「ラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホン」寄藤文平著は、ビギニングからさらさらっと、アッパーパートにピクチャーが描けるヒューマンがいますが、アダルトたばこトレーニングチェアーでおなじみの寄藤文平さんが、ラクガキのメインポイントをステートしているブックです。ピクチャーの技法書というのとは違っています。ブックのオブジェクトはマイセルフのシンキングをピクチャーにするときのキーです。もやもやーっとしたヘッドのインサイドのシンキングを、よりらしいイラストにするための線のドローしパースンチョイスが紹介されています。寄藤文平さんのピクチャーに対する考え方、ワールドルックもセンテンスのスペースから垣間見られます。寄藤文平さんにとっては、たとえば木一ブックであっても、そこからスプレッドするワールドを表現することがピクチャーのプレジャーだというのです。ツリー一本ポールを描いてフォーマーにサークルをつければそれもツリーである。だがそれではホワットがなんだかわからなくなってしまうポッシブルカスタムも大いにある。特徴をうまくキャッチサイトオブして表現することが、ラクガキピクチ
ャーのファンデーションといえる。ツリーにはリーフがついているものだけど、これを描くのは意外と複雑でディッフィカルトなように思える。しかしリーフを短冊だとシンクアバウトしてみたらどうだろう。ポールに結びつけられた短冊とムーブしてみると、シェイクするものしなるもの、アクティビティーをつけるのもシンプルである。ブランチはトーナメントフロントと考えよう。ローグレードから順にウィンし上がっていくあのフロントを、逆さにしてみるとうまいブランチの構成が描ける。ラインに丸みを持たせて、フィットにリーフをラインアップしていくとそれらしいツリーが出来上がる。広葉樹をドローするときは、リーフを開いたアンブレラとムーブしてイメージする。針葉樹は犬のシッポをたくさんくっつけたもの。マウントはペーパーやクロースをホワットかにかぶせてできたシワを真似てドローする。リバーは溝。溝にブリッジをウェアーすればタウンのリバーになるし、ロックやリーフをくわえればアッパーストリームのストリームに見えるようになる。ファンデーションができれば応用もたやすい。粘土をロングアンドナローにしたり、ちぎってみるとクラウド
になる。バードのウィングをドローするときは、ヒューマンの手の平をイメージするとわかりやすい。犬キャットと牛馬のディッファレンスだが、どちらもよつんばいのヒューマンをシンクアバウトしてドローするというのだけど、犬やキャットはフィンガーでスタンドするヒューマン、カウやホースは爪でスタンドするヒューマンをイマジネーションしろというんだ。カウやホースにはひずめがあるからだそうなんだけど、言われてみればシュアにそうなのかもしれない。ヒューマンをドローするコツが秀逸。ラクガキのフラワーはやっぱりヒューマンだとシンクするんだけど、これにも独自の工夫がされている。ラウンドなヘッド、厚みのあるチェスト、そして腹のパートはベリィシンいゴムのようにスプレッド縮みがポッシブルである。そして骨盤。これもソリッドボディーに描かれていて、ハンドやフットはただのラインだ。わかりにくいかもしれないけど、上記のようなドールをまずファンデーションとし、それから肉付け、アクションを付け加えていく。チェストと骨盤のスペースがシンになっていることが、ヒューマンのボディーのアクティビティーを表現するコツなんだそう
だ。続くピクチャーをウォッチするとアンダースタンディングがいく。この薄い部分が硬直すると、力んでいるヒューマンに見える。ベンドすると緩んでいるヒューマンになる。このアクション一つでだるそうにウォークするヤングマン、ダメワールド、ゲットタイアードしたヒューマン、ゲットドランクし、挙句のエンドにはボディーを斜めにしてウォークするチンピラにも見えてくる。ヒューマンの体のファンデーションのアクティビティーをマスターすれば、ホワットヒューマンでも描けそうになるからつくづく感心、インプレッションしてしまう。タウンを歩くヒューマンのアクティビティーも、このモデルにアプライし、分解してしまいそうなマイセルフがちょっぴりアフレイドになるハブアンオーディエンスするワールドもチェンジしそうだ。新しいマイセルフに出会えるかもしれない、なんだかとってもファンな一冊です。

スポンサーサイト

コメント

神待ち

神待ち少女を助けられるのは貴方しかいません。是非近所でウロウロしている少女を助けてあげてください。

露出

露出を楽しむ為には同じ趣味を持った者同士掲示板で交流を深めましょう♪登録無料で楽しい露出を体験する事ができます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/816-b7df760c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。