本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あまり人とかかわりたくない」人のための心理学


「『あまり人とかかわりたくない』人のための心理学」齊藤勇著は、あまりヒューマンとかかわりたくないヒューマンの心理をエクスプレインしていくブックで、7つのチャプターからなるそれぞれ、プレゼントデイのあまりヒューマンとかかわりたくないヒューマンからのクェスチョンにアンサーするという構成になっています。
・マイセルフはリザーブでトークフット。ミーティングでは緊張して、ポジティブマークにスピーチはしません。プライベートでもプルしこもりがち。ラブやワークのチャンスにリッチインしません。このようなヒューマンを内向的とカテゴリーする。自意識がハイに、アテンションがインサイドにフェイスすることがメニー。外交的なヒューマンは意識がアウトサイドにフェイスする。ヒューマンとスピークしていてもアンダースタンディングできたかなと、アナザーパースンにシンキングがリーチするのに対し、内向的なヒューマンは嫌われてはいないだろうかと、インサイドにフェイスするソウトをするといって、キャラクターをチェンジするネセサリーはあまりない。マイセルフのことがスピリットになるかもしれないが、アナザーパースンはそれほどあなたにインタレストを持ってはいないのである。リザーブなキャラクターはジェントルであり、サイレントであり、言い換えるとグッドポイントでもあるのだから、自信を持ってヒューマンに接すればいいのである。
・リアルよりもネットのパースンが話しやすい。本音をトークするのはネットのインサイドだけなんです。リアルなワールド関係はどうしてもわずらわしく感じられる。ヒューマンとトークをするとき、ワードだけではなく、表情からもさまざまなフィーリングをリードすることができる。表情が見えないネットのワールドでは、本音が語られるのはディッフィカルトとシンクアバウトするべきではないだろうか。ネットに依存するのは実は、本音にタッチしたくないという心理があるのかもしれない。ネットオーバーのキャラクターは美化されたものがメニー。匿名であるとはそういうことだ。同時に残酷なことも平気でしてしまう。生身でアソシエイトウィズするほど、本音を語れるプレイスではないと心得るべき。
・ノリの軽いヒューマンがトラストできません。カンパニーでもそういうヒューマンが評価されているけど、人脈ってそういうものなの?アンダースタンディングいかない。こういう心理になるのは、ノリのライトなヒューマンによってあなたが不利益をこうむっていると考えてしまうからだ。フィットなワールド関係だけで、上滑りのワークをしているようなスピリットがしてたまらない。冷静にシンクアバウトしてみよう。そのヒューマンがライトからといって、あなたに不利があるわけなど決してないのだ。ヒューマンをヘイトになることはフーにだってある。そういうコンパニオンを無理やりラブになることはシーリアスディッフィカルト。イルウィルを持ってコンパニオンをウォッチするようになってしまう。悪口を言ったり、常に勝ち負けの意識をホールドするようになる。ラブになれないまでも、ライトアップすることくらいはしよう。共栄関係をメイクするよう努めよう。ワールド関係にも遊びはネセサリー。ラブなヒューマンばかりでなくていいのだ。ヘイトなヒューマンがいることもライトアップして、インイットセルフにうまくやっていくしかない。このブックはリア
ルなワールド関係こそモースト!のオピニオンで書かれたものなのだ。あまりヒューマンとかかわりたくないヒューマンなんて、ほんとはいないんでしょ、というのがライターの本音だとシンクする。フィーチャーはばら色のマスのワールドと、八方塞りのヤングなワールドのセンスのディッファレンスをウォッチしたフィーリングがした。どちらがよい、ディッフィカルトのトークではなくて。

スポンサーサイト

コメント

モバゲー

モバゲーが遂に出会いをプロデュースする事になりました。今まで禁止していた事も全て解放で皆様の出会いをお手伝いさせて頂きます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/820-0ce8fab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。