本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その英語、品がありません


「その英語、品がありません」D.A.Thayne、小池信孝著は、英語の表現をより上品に、よりネイチャーな言い方をコレクトしたもので、セイム表現でもワードをチェンジすることでインプレッションががらりとチェンジするのです。日本語をスピークするときにもスピリットをつけたいです。
・アンダースタンディングのチャンス、OK、と気軽にリプライをしてしまうけれど、Certainlyとリターンサムするとよりシングがよくセイドトゥビーするらしい。ボスやゲストにはこう答えよう。
・Really?とアスクインリターンするよりも、Is that right?とGood-byeと単純に言わずに、Have a good dayとするのがラブリーなカンバセーションの終わりパースンなのです。Have a goodnightと応用することもできます。
・Do you understand?ではなく、Do you kind ofunderstand?でソフトな表現になります。
Can you speak japanese?は、Have you everstudied japanese?としたほうがインプレッションがグッドなです。英語サークルのヒューマンたちも婉曲的な表現をすることはある。遠まわしなスピリットの使い方がインタレスティングなです。
・Are you on diet?はこう言いチェンジしてみよう。Are you watching your weight?
・I liedは、I stretched the truth a bid.
・She looks older than she is.は、She always looks calm and collected.。
・The flavor's really flat.は、The flavor's really delicate.と
・She' ugly.は、She's not extremely attractive.と
刺青のことはTattooと呼ばず、Body artとコールアウトすると上品であるらしい。I got fired.と言わず、I was let go.と言えばなんだかフリーダムで前向きなスピリットがします。ものをリクエストするときはCould youをユーズしましょうだとか、ファンデーションマークなことも載っています。日本語のカンバセーションでも役に立ちそうな、神経を使った発想の転換がエマージェンシーにインタレスティングなです。どこのカントリーのヒューマンも、コミュニケーションにはいろいろスピリットをユーズするものなんです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/822-50cd592b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。