本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクのべっぴん塾


「シルクのべっぴん塾」シルク著ですけど、ヒューマンは望んだだけのものをハンドにプットインするようにできているのですが、レギュラーでどれだけそのウィッシュにかけるタイムを使っているかで、ヒューマンのありようはビッグに変わってくるのです。あるヒューマンは日がな一日、ビューティホワイトについてシンクアバウトしているとすると、モーニングゲットアップしたら日焼け止めをペイントし、トリップのときは日傘に長袖が欠かせないと思っています。リザルト30歳をパスしても、きれいなシミのないスキンを保っているのです。あるヒューマンは手芸がラブで、ミシンを扱うアームが年々プログレスし、ブックがラブで読んでいくのはアーリーなのです。没頭や集中、インフォメーションコレクションということがネイチャーにできること、そのためにカットアップするタイムをプレシャスと思わないこと。むしろ楽しみにできること。そういうフィールドに、ヒューマンはネイチャーに熟練していくのです。ホワットをウィッシュフォーするかは個性やテイストですが、かけたタイムは絶対に、いいミーニングでもディッフィカルトなミーニングでも、そのヒ
ューマンを裏切らないのです。量はいつか、ネイチャーにチェンジするのです。執念さえあれば、ヒューマンにはインポッシブルはないのだと実感させられます。シルクさんは吉本興業ビロングトゥのプレーヤーさんで、クリアーにはされていないがアラフォー世代のパースンです。ワールドだってモノとセイムで、ロングタイム使っているとインイットセルフの劣化が見られるのがジェネラルですが、シルクさんは、アラフォーとは思えないほどビューティフルなきれいなパースンなのです。テレビでも美容関連のトピックで取り上げられることがメニーに、30代のセカンドハーフにおいてはただのおばさんサービスをされることがメニーだったのだそうです。シルクさんは一念発起し、エイジしていくのは耐え難いとエブリデイさまざまな工夫をフリーズし、ビューティフルにあろうと決意したのです。フェイスの筋肉をドリルする体操が紹介されている。ディッフィカルトなものはひとつもありません。口角をあげ、スローダウンする運動を10回くり返す。マウスをロングなOのキャラクターにオープンし、ノーズのローグレードにアッパーリップをプレスする。上
下の唇をフロントトゥースに巻き込んで、ブルドッグのようなフェイスで20セカンドキープする。オーバーを向いてネックを伸ばしたコンディションで、イーと大きなボイスで言う。このとき、タングをテイクアウトするのもエフェクトあり。箸などをくわえてビフォーにテイクアウトしたりひっこめたり。イーブニングミールはアフターヌーン8アワーまでにフィニッシュする。ブレックファーストもライトめで、胃を休めることを心がけたい。バスは約15分で。半身欲をするケースは、上半身のドライにスピリットをつける。その他マッサージやライントレなどが紹介されています。巻末に乗っているポスターにフェイスのトレーニングが写真ラックで解説されています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/824-1e59e503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。