本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

削除ボーイズ0326


「削除ボーイズ0326」方波見大志著は、第1回ポプラ社小説大賞受賞作で、トピックの2000万円を勝ち取ったストーリーです。メインキャラクターの川口直都というグッチのペットネームのファーストパースンで語られる。グレードスクール6年生だ。フレンドのハルはあるアクシデントシンス、車椅子にゲットオンすることを余儀なくされている。グッチのファザーは失踪した。プレゼントタイムはマザーとプルこもりの兄、ブライトだけがとりえの妹とリブしている。グッチはフリマにゴーアウトし、同級生の浮石さんというガールを助けた。高校生にからまれていた。そのチャンス、そばにいたおじさんから時間を削除できる不思議なマシンをもらうことになった。あるキャラクターの写真をテイクする。そして、タイマーでタイムをセットすると、そのタイムから3分26秒のスペースに写真のキャラクターにゲットアップしたイベントを削除することができるのだ。クラスインサイドでのチャイルドたちのワールド関係が描かれている。モテるチャイルド、そうでないチャイルド、スタンドアウトするチャイルド、プレーンなチャイルド。こうい
ったクラスインサイドでのクラスソートオブなものが、グッチのアイを通して語られる。フレンドのハルはアクシデントがゲットアップするまで、クラスのまとめウォーだった。フットがアーリーにてボススキンで、皆がヒーをミスし、その指示に従っていた。プレゼントタイムは親がカンパニープレジデントだという、クラリネソートオブな種村くんがクラスのリーダーだ。ずるくてマネーでポピュラーをバイするようなチャイルドだけど、クラスのみんなはネイチャーにヒーの言うことを聞いている。種村くん主催で肝試しが行われることになった。廃屋に入ってボールを取ってくるというもの。ハルがチャレンジし、怪しいマンに切りつけられる羽目となった。一方で、削除装置は大アクティビティー。同級生のファザーのシェアビジネスのミステイクをないものにしてみることで、フィーチャーがビッグにチェンジすることを知った。セカンドハーフ、ハルがフットをディッフィカルトにしたイベントの謎ソルブしがメインになってくる。これにはグッチの兄が関係していた。アットザットタイム、近所では小学生が連れ去られ、フェイスに落書きされるイベントが頻発していた。兄
はその犯人をマテリアル置き場に追いつめたが、そこにラックディッフィカルトにハルがいたのだ。乱闘のトップエンド、フォールダウンしかかったマテリアルのせいでハルのフットは動かなくなった。兄はスピリットに病んでいたようだ。アフターディスプルしこもり、ついにはハウスのルーフからジャンプダウンしてしまう。自殺を図ったのだ。こん睡コンディションにある兄を、グッチは助けようとシンクする。兄は犯人にスティックトゥするヒントを、ネットのノーティスボードに書き込んでいた。その瞬間にいたキャラクターのタイムを削除すればよいのだとシンクする。高校生に絡まれていた浮石さん。地味なチャイルドのカテゴリにいるチャイルドだったが、削除装置をノウするカンパニーとして仲良くなっていた。そのチャイルドの姉が、当該のキャラクターであると知れた。会ってタイムを削除する。兄はネットにライティングをしなかった。ハルのフットはよくなった。アクシデントそのものがなくなったのだから当然だ。But兄がジャンプダウンした事実は変わらず、それどころか兄が犯人のタッチであることがクリアーになった。犯人と対決しようとするグッ
チ。犯人はあの廃屋にインアンドアウトしていた。廃屋にヒドゥンし、犯人の写真を、グッチはついに撮影した。タイムを削除するが、兄は元に戻らない。グッチは気づいた。兄バイワンセルフも、この装置でパーストを消そうとしたのだ。だがうまくいかず、かえってこんがらがって兄はスピリットがタッチしてしまった。装置はバッドシングだ。装置そのものを消すほかロードはない。グッチはファインいっぱい、悪がきに戻ったハルとマラソンのマッチをしようとする。ハルとはずっとクローズフレンドだった。だが真剣マッチをしたことはなかった。このマッチが済んだら、装置をハンドにしたタイムをターンオフパワーして、すべてをなかったことにしてしまおう。グレードスクールスチューデントのスペースにあるディッフィカルトなフィーリングがマスターに描かれている。削除装置そのものは、よくリブしているのかそのこともわからん。そもそもそんなものをハンドにプットインしたら、まずビギニングにシンクオブするのはハルのフットをよくすることなのではないだろうか。ラスト、装置をポッシブルしたタイムをターンオフパワーすることによって、事態がホワット
ひとつ解決しないだろうということがわかってリーダーとしては愕然とする。兄のプルこもりもハルのフットも、よくならないまま終わり。小学生がネットをしたりクラスコンフリクトをしていたり、そのミーニングではソサエティースクールと言えるのかもしれない。SFでもありファンタジーのようでもあり、そんでもってセンテンスはいわゆるキッチン二っぽい過剰な比喩、ポリッシュアップにあふれている。

スポンサーサイト

コメント

ワンピース

海賊王に俺はなるで有名なワンピース。質問に答えるだけで、自分がどのキャラと同じタイプかが分かり話が盛り上がる事間違いなし!!性別関係なくいつでも楽しめる事間違いないよ。結果が道化のバギーで笑いが取れるかも

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/831-2eed0fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。