本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生折れない自信のつくり方


「一生折れない自信のつくり方」青木仁志著ですけど、最近のワンセルフ啓発書はネガティブな本音をアクセプトしましょうというものがアピアーしスタートしネガティブなことをシンクアバウトするのはユージュアル。それよりマイセルフが本当に望んでいることをメイクシュアしアンダースタンディングし、こつこつパーパスを達成できるよう、がんばりましょう。ど根性ではなく、ブレインのワークを生かしてサクセスをハンドにしましょうというのがプレゼントタイムの流行なのです。
本書はバブルモデル激フライし風ワンセルフ啓発書です。著者の青木仁志さんは恵まれないホームでグローし、ビジネスをレイズアップしたものの借金をハブして倒産。マネーを稼ぐためにブリタニカに入社し、エルダー社員からユーならできるとインフォームしてもらって自信をつけたのですが、トゥルースの自信はマイセルフでハンドにプットインするしかない。結局、マイセルフのライフはマイセルフだけのものなのだ。リザルトをフーのせいにするわけにもいかないし、マイセルフで切り開いていくしかない。これを自覚したときに、全デューティーをベアーする覚悟がボーンする。すべてにインタレスティドパーティー意識を持ってあたれば、大きなサクセスはおのずからハンドに入れられる。家事も育児もワークも、他人任せにはしない。毎日セイムことをすることで、メンタルフェイスでの強化ができる。ある野球プレーヤーは、メンタルコーチに毎朝セイムタイムにランニングをすることと命じられたのだそうだ。辛いエクササイズではない。ライトなものだが、エブリデイすることがインポータントだと言われた。こうすることでエブリデイ積み重ねてきたという自信がボ
ーンするのだ。マイセルフたちはたとえば、モーニング早起きをすることからスタートしてみたらどうだろう。一日中ライフのフィーリングでリブする。一日のネイチャーをレイズする意識を持とう。やることをディサイドし、それが達成できると小さな自信が積み上げられることになる。自信はカンパニーに対する自信、ビジネスに対する自信、商品に対する自信、マイセルフに対する自信をホールドすること。ときには息抜きをしながら、ポジティブなフィーリングをホールドし続けよう。ワンセルフ啓発マニアには、特に目新しくこれはこれはない。だがといって、読んでヴァイオレントに損をしたぞとアングリーするほどのこともありません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/833-42c7a9ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。