本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!


「先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!」小林朋道著の小林ティーチャーは、鳥取環境ユニヴァーシティーで教鞭をとってゴーするパースンで、アニマルアクションナレッジ、ワールド比較アクションナレッジなるスタディーをティーチしているのです。このブックでは、アニマルたちの珍しいアクションが、エッセイというシェイプで紹介されています。小林ティーチャーのセンテンスは知的でありユーモラスです。
脱皮するカエルやヤギのエスケープ、ビーチのアニマルの生態、子ガラスをケアするお話など、インタレスティングなものはたくさんあります。スプリングのファームでホオジロがイタチをランダウンするというされたエピソードを紹介します。
スチューデントさんたちとファームを作ったときのお話。いろんなローフードをウォッチすることができた。イモリ、めだか、サンショウウオ、カルガモ、ヌートリア。その中で、貝にハンドを挟まれたかわいらしい手に貝がくっついているイモリをディスカバーしたときはエブリバディで大笑いをした。小林ティーチャーがスピリットをストップしたのは、畦でイタチをウォッチしたモーメントである。ワイルドのイタチをアイにすることは珍しいのだ。ビューしていると、ホオジロが二ウィング、そのオーバーをダンスするようにジャンプする姿がアイに入った。小林ティーチャーはモビングだと言った。ティーチャーはこのような少しでもマイセルフの教員としてのシェアがあがるポッシブルカスタムを、黙っていることはありえないのだそうだ。
スチューデントさんたちにも説明したモビングとは、つまりは被ミールアニマルが捕食アニマルに対してパフォームするディフェンスマークなアクションのことなのです。ネイチャーワールドオブでは、食べられるサイドのアニマルが、イートするサイドのアニマルに近づいていき、ユニフォームのディスタンスをキープしながらウォーニングマークなアクションやスピーキングをくり返すことがあるのです。小林ティーチャーはアゴー、シベリアシマリスでもそのアクションを実験、確認していた。リスは捕食パースンであるスネイクに対し、テールをヴァイオレントに左右に振ったり、地団太ステップオンするようなアクションをくり返すことがあるのですが、それはデンジャーなアクトでもある。捕食パースンのそばにいてパフォームするものであるからだ。そのアクトは、近親パースンに対してウォーニングをコールアウトトゥするためのものであり、捕食パースンを脅かしてドライブアウェイするためのものでもある。そういうことを、動物はネイチャーに行っているわけだ。ワイルドのイタチに付きまとい、そのオーバーを舞うホオジロは、きっとそばにあるネストを守ろうとし
たのだとシンクする。非常に珍しいそのモーメントを、小林ティーチャーはパチリ、カメラにペイした。インザフィーチャー講義でその写真をユーズすると、スチューデントたちのスペースになんと言ったらいいのか、説明にアンダースタンディングいっていないエアがストリームした。もちろん聡明でナレッジリッチな小林先生のことは、写真の中のバードについてのダウトであることに気づいたのです。その写真はアピアランスされているが、ウォッチしたフィーリングでもどこにバードがいるのかはわかりづらいです。小林ティーチャーはひょっとしたらバードに見えないヒューマンがいるかもしれません。率直な感想をクェスチョン用紙に書いてください。するとスチューデントさんたちはバードに見えないが、アニマルはいます。いや、バードですねと、エマージェンシーにフィアーのあるアンサーを書いてプレゼントしてきた。
カエルの脱皮のトークはアミュージングです。センテンスのスペースから、ティーチャーの動物ラブとオタクぷりが漂ってきます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/834-a8f319b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。