本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか


「映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか」斉藤守彦著は、恋人ができたシーのビフォーの彼氏はヘッドのハード、ビジネスアイディアにディスタントなマンだったのだそうだ。シーはいつもそのマンの悪口を言っている。なぐさめ、セイムミーニングし、カインドにハーバーし寄せようとすると、突然、シーははっとしたフェイスでマイセルフ、やっぱりビフォーのヒューマンがラブ!。ムービーを鑑賞するチャージは、コモン1800円である。メニーのヒューマンがこれをハイとシンクアバウトしている。そしてほとんどのヒューマンが、実際にはもっとチープなプライスでムービーを楽しんでいる。ムービーの日、レイトショーなど、さまざまな割引システムがあるからだ。エッセンスマークには1200円。これがイーチパースンがムービーをウォッチしているチャージと考えられる。ムービーが消費者のもとへリーチするコンストラクションをまずウォッチしてみよう。メイクするのは製作会社だ。そしてそれを配給カンパニーが、文字通り配給する。上映するのはムービーハウスである。それぞれは、メーカー、卸問屋、小売ストアーにコンペアーすることができる
。プロブレムは、その三つがすべてセイムキャピタルのもとにあることだ。ムービーのプライスがどのように決まるか、ご存知のパースンはおいでだろうか。実はムービーには、卸プライスというものがないのだ。ムービーハウスで上映されて、得られたショービジネス収入を、配給カンパニー、ムービーハウスであらかじめアグリーしたパーセンテージでセパレートする。つまり、興業収入のフォールはムービーハウスだけでなく、配給カンパニーにもビッグにエフェクトするのだが、小売ストアーが販売プライスを決められないインダストリーなどほかにあるだろうか。セイムキャピタルだからこそできる、馴れ合いがそこに見られるのがプロブレムなのです。近年ではその状況にもチェンジが見られる。きかっけはスターウォーズ・エピソード1の上映に関する、公正取引委員会のデシジョンだ。このエッジ、配給カンパニーはラージシティーのワンパートの上映パースンに、鑑賞チャージの値上げを迫っていたのだ。これは公取委によって阻まれ、アフターディスムービーハウスサイドがチャージをディサイドするストリームがジェネラル的になった。実はこれまでのムービー
チャージのサドンプライスジャンプは、来場パースンの減少をカバーしハイドするためのものであった。ゲストが減っているから、ゲスト単価をギブして興業収入をメンテナンスしていたのがプレゼントコンディションだ。ターン、カットインプライスバトルの様相を呈しているカレントであるが、これも消費パースンのサイドを向いているとは言えないパートがある。ムービーハウスでできるサービス。本当に喜んでもらえるコンストラクションを作れず、安易にカットインプライスに走っているのがプレゼントコンディションなのである。フォーリンキャピタルシステムのシネコンができるまで、ジャパンの映画ハウスのエンジニアはワーストだった。ソリッドなチェアー、見えないスクリーン。トゥルースのゲストのための改革こそ、真にネセサリーなものではないだろうか。というフィーリングの論調なのだが、やっぱりラストはBut1800円はプロパーだよねという締めでフィニッシュしている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/838-b123f9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。