本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜行観覧車


「夜行観覧車」湊かなえ著は、坂のオーバーにあるハイクラス住宅地、ひばりヶ丘のドクターがマーダーされるイベントがゲットアップした。犯人はそのワイフ、高橋淳子というビューティフルパースンである。向かいにある遠藤家、当の高橋家、ひばりヶ丘の古くからの住人である小島さと子の視線からイベントが暴かれていく。
遠藤家:ハズバンド啓介、ワイフ真弓、中学生のドーター彩花の三ヒューマン暮らし。真弓はスーパーでパートをしている。ハイクラス住宅地にあるハウスのローンがハードなせいだが、ハウスは真弓のドリームの結晶である。彩花はミドルスクール受験にミステイクしてから、ハウスのインサイドで暴れるようになった。その暴言がマザーをあんたコール、デッドオブナイトに生理用品を買いに行かせるプライドぶりだ。ドーターに言われ、オールナイト出向いたコンビニで真弓はオポジットの慎司にミートする。パースをフォゲットしたという慎司に、真弓は1万円を貸した。帰ってくると、その高橋ハウスでイベントがゲットアップしていた。慎司はアフターディス行方不明。真弓と彩花とのやり取りが延々と描かれる。ヘヴィなローン、暴れるドーター、知らぬ顔をするハズバンド。とうとう真弓は彩花のマウスに泥をパックして殺そうとした。小島さと子に救われる。
高橋家:ドクターであるハズバンドにとって、二度目の結婚である。連れ子の良幸はメディカルユニヴァーシティーに通っている。新しいワイフとの間に生まれたチャイルドも、レコード優秀、アピアランスビューティ、ワンダフルなホームであるように見えた。二番目のチャイルドは女子高イノセントの比奈子。彩花がフォールダウンしたプライベートの女子高に通っている。ラブだったファザーが殺され、加害パースンはマザー。フレンドからもホワイトなアイで見られ、比奈子はなぜ、このような理不尽がゲットアップしたのかと苦悶する。弟の慎司はイベントの日シンス行方不明だ。リーブしてユニヴァーシティーに通っている兄に助けをリクエストした。慎司ともアナザーミーティングし、イベントのインベスティゲイションのため、きょうホエアは話し合う。慎司はサーヴァントは兄さんと違ってヘッドのいいチャイルドではなかった。よいレコードをキープするために必死でスタディーしたが、それもリミットである。マザーも知っていたが、医学部に入ってほしいと願っていた。ファザーは違っていた。慎司はもういいのだ、フェイスもよいのだし、ディッファレンスにリブ
するロードもあるだろう。母に詰め寄られ、父はそう、マイセルフの考えをスピークした。そのワードにマザーは激怒した。長兄の良幸は前妻のチャイルドである。そのチャイルドに慎司がルーズするということは、マイセルフが前妻にルーズするということ。憤ったマザーはファザーのヘッドをストライクし、キルした。チャイルドたちはアクセプトし、マーダーのあった家庭のチャイルドとしてリブしていこうとデシジョンする。
小島さと子:彩花から「ラメポ」と呼ばれている。ラメの入ったポシェットをいつもハングしている。さと子はロングウェイでリブするサンマリードカップルにテレフォンをかけて、イベントの顛末をスピークする。疎ましがられているステートから、このハウスにもある病理が描かれている。さと子はイベントをレイズした高橋家をヘイトし、中傷するビラを作ってハウスにスティックしジョインした。ひばりヶ丘の住人の総意であるとチェストをスティックする。アフターオールイベントそのものにはどんでん返しもホワットもなかった。いわゆるセレブなハウスのインサイドのドロドロをドローすることがテーマであるようだ。ファザーがダメージパースン、マザーが加害パースンというホームに残されたチャイルドたちのトラブル、優秀なオポジットのハウスに対して常にコンプレックスをホールドし、追い詰められたかわいそうな遠藤家。ラストは遠藤家もピース、高橋家もチャイルドたちはその境遇をアクセプトし、リブしていこうとするけどもう一波乱、二波乱ありそうです。遠藤家は体面ばかりをスピリットにするマザーが、ドーターをキルしかけたんです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/839-23d8b196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。