本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬に学ぶ33の仕事術


「坂本龍馬に学ぶ33の仕事術 日本を洗濯致したく候」中島孝志著は、坂本龍馬に関するエピソードがいくつか集められ、それにライターのコメント解説思い入れが述べられています。ファンデーションマークにはビジネス書、ワンセルフ啓発書ですので、ワークに生かせるアドバイスもウェルスです。
・龍馬はもともとおれをマーダーしに来たサーヴァントだが、なかなかのキャラクターで、そのときおれは笑ってアクセプトしたが、おちついていてなんとなくブレイブしボディービルドな威厳があって、よいマンだったよ。勝海舟の談である。龍馬は勝を暗殺に来て、そのキャラクターにタッチしてアフターディススタディーアンダーするようになったと言われているが実際は、勝邸に龍馬とセイムバンクしたのは剣術道場のワールドだった。刺客だとか攘夷スクールなどではなかったのだ。龍馬がヒーをヴィジットしたパーパスは、フォーリンのことをノウする勝海舟に海運についてレッスンをアスクするためだった。紹介シェイプを携えて乗り込んだのだ。そこでインポータントなのは、二ディグリー会って、クローズにてもらえるだけの度量を、マイセルフがホールドすることである。龍馬にはそれがあった。勝のワードはそのことをショーしている。
・ワールドインポータントをなすものは、チャンスがハンドルイーズリーしているかどうかを見極めないといけない。ねぶとの膿みコンディションもよくよくウォッチして、ニードルでピンダウンすれば膿みを出せるかどうかをデシジョンしなければいけないのじゃ。姉のドーターにあてたレターの一タイムです。外国勢力が虎視眈々としてジャパンをビューしているピリオド。大きなフォースをホールドする薩摩、長州がハンドを結ばなければウィンアイはないと、エブリバディがアンダースタンディングしていたのだがそれをプラクティスに移そうとしたのは龍馬だけだ。プロフィットがあればディスカッションにもアクセプトするにディッファレンスない、なんとしてでもディスカッションのテーブルにつかせなければならない。そうシンクアバウトして、龍馬はじっとチャンスを見計らっていた。物事の成就にはタイミングがインポータントであるのだがそれは、待っていて訪れるものではない。ユージュアルよりシンクしディサイドし、リザーブをして初めて生かせるというものである。
・役人は好かんきに。世界の海援隊でもやろうかな。西郷隆盛が驚いた。新政府のポストのインサイドに、龍馬のネームがなかったからである。ダイレクトパースンヒムセルフに問うたところ、このようなアンサーが返ってきたのだとか。既成ジェネラルアイディアにとらわれない、プロテクションをよしとするヒューマンではなかったようだ。龍馬はサッチワードをリーブしている。ファイヤーでバーンしたハウスに、ファザーの形見のナイフをテイクしに入ろうとしたヒューマンに。ナイフなんかトールだ。トゥルースの形見はユーバイワンセルフじゃ。サッチものにプライドをホールドするな。パワーをホールドすることにもインタレストがなかった。ヒューマンそのものをウォッチし、ラブするヒューマンだったようだ。司馬遼太郎が龍馬のことをストーリーに書いたのはチャンスだったのだそうだ。龍馬のことをビギニングに司馬にスピークしたのは、司馬のジュニアのキャラクターだった。彼は高知の出身で、インタレスティングなワールドがいるから、ぜひ書いてほしいと司馬に語った。But司馬は、その時点ではどうにもインタレストではなかったようだ。Butヒ
ストリー書をあさるうちに、中に散見される龍馬というヒューマンにどんどん魅入られていった。どうやら龍馬というマンは、日本人からひとつコラムがオフしたワールドであるようだ。ラストにはサッチインプレッションをホールドするに至ったらしい。大ステージを望まなかった龍ホースらしいトークだと思った。テキストでリファレンスされたワードに、現代語リーズンはないが、エピソードを拾い読み、フィーリング転換といったフィーリングができます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/842-6d0b6f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。