本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密の本 新版ホワンの物語


「秘密の本 新版ホワンの物語」ロバート・J・ペトロ著、山川紘矢・山川亜希子訳は、寓話マークワンセルフ啓発書で、ストーリーは波乱万丈で、ラストまでファンをリードすることができます。メキシコがステージで鉄道が敷かれるビフォーのピリオドのストーリーです。両親に先立たれ、天涯孤独のボディーとなった少年ホワンは、意地悪な農園マスターにハウスを追われ、1頭のロバを伴ってキャピタルシティーメキシコシティを目指します。トラベルのオンザウェイでエクトルという親切なオールドパースンにミートバイチャンスし、オールドパースンは大変なリッチマンで、アフターディスホワンをガイドするメンターのパートを担う。このときエクトルは、チャンスはどこにでも転がっているのだと、ヤングなホワンを励ました。ホワンはエクトルの知り合いをアスクし、ロバをバイしてもらうこととなった。ロンリィだったが、ロバを養うルームはないのだ。シティには職がなかった。苦労のトップエンド、ホワンはペドロというマンが経営するレストランで皿洗いのワークをするようになる。ホワンはレストランでフアニータというウーマンと知り合った
。ホワンはフアニータのハウスに間借りをすることになり、フアニータのファミリーとクローズになる。ホワンはロバのトレードをスタートした。ロバをウォッチするアイはファザーに叩き込まれていた。レストランのワークも懸命にこなしながら、ホワンはロバのトレードを少しずつビッグにレイズしていく。ホワンはエクトルをヴィジットし、ホワットディグリーもそのレッスンをアスクすることになる。エクトルはトークする。
前向きの生き方をする。ゴールをディサイドし、必要にアクセプトしてクリエイション的に、かつソフトに対応する。
ヒューマンに対して心を開く。ミートするヒューマンすべてを疑ったり、ディフェンスマークにならない。ソサエティーには不正直なヒューマンよりも正直なヒューマンのパースンがメニー。
アナザーパースンのディフィカルティや窮地につけこんではならない。
商品においてはサクセスをすることもあれば、ミステイクをすることもある。そのポッシブルカスタムは五分五分だということをフォゲットするな。
ウェルスを他のヒューマンがリッチになるためのチャンスをギブするような使い方をしよう。ただギブするだけでは、なんの助けにもならない。自分でフードをポッシブルするメソッドをティーチしてあげれば、もう飢えずにすむだろう。
ハンドをホールドアウトしてヒューマンをヘルプすることはベリィベストのライフ哲学である。マネーマークにポッシブルするものはないとしても、マインドマークな見返りはエマージェンシーにビッグ。ホワンはエクトルのアドバイスをアクセプトして、レストランをやめ、シルバー細工のトレードにもハンドをスプレッドし、ロバのトレードではアメリカウォーをコンパニオンに大きなビジネスをまとめることができた。かつてマイセルフをドライブアウトした農園マスターからリンゴガーデンをバイし、プアーな農民に自立をティーチすることもした。オンザウェイ、ライバルに陥れられ、ポリースにつかまることもあったが、ホワンがしたグッドウィルによってホワンバイワンセルフが救われるというエクスペリエンスをポッシブルした。やがてホワンはマリアというビューティフルなウーマンとめぐりフィットする。ポリースがエマージェンシーに恣意的に動いたり、ホールタウンは失業パースンでいっぱいだったり、リアルでアミュージングです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/843-bf9e7f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。