本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ 動きだす9億人市場


「アフリカ 動きだす9億人市場」ヴィジャイ マハジャン著、松本裕訳の著者のヴィジャイさんはアメリカのユニヴァーシティーで経営ナレッジをティーチしているユニヴァーシティープロフェッサーで、インドのバース、商人のホームで育ったヒューマンなのです。
10年か20年ビフォーにアソシエイトにインドはワールドマークにもインポータントなマーケットになると言って笑われたのですがカレント、そのワードをダウトするパースンはひとりもいないのです。アフリカはワールドカップが開かれたとはいえ、未だ暗黒の大陸、ウォーと飢餓のロットのイメージをホールドする人がメニーなのです。
ヴィジャイさんはその目で確かめるべく、アフリカにクロスオーバーしアクチュアルプレイスを歩いたのです。
テキストはそのレポートでイグザンプル、エピソードがメニーのでアマチュアが読んでも飽きない、わかりやすいです。フィギュアや統計など難しいこともちゃんと書かれているのです。
・ブラックダイヤモンドなるベッドがアピアーしている。もう少しでミドルコースというのがゼイのワンセルフ評価で、懸命に働いてチャイルド達にいいトレーニングを受けさせようとしている。ホームテレフォン、携帯テレフォンなども購入しているのです。携帯テレフォンをほしフィールするヒューマン、ホールドするヒューマンが増えている。インサイドにはフレンドフィギュアヒューマンで1タワーのテレフォンをシェアしているカスタムもある。テレフォンボールを1台購入し、ユーズするときはイーチのSIMカードをプットインしてユーズするのです。携帯電話を貸すビジネスもあるのです。テレフォンコールタイムにアクセプトしてチャージが課されるのです。
・アフリカには9億人のマーケットがあるのです。若年ベッドがメニーに、しかも年々増加している。ベイビー、チャイルド向けのトレードのチャンスがあふれているのです。インフラもウィークに、そのディマンドは巨大なのです。金融関連のスプレッドもホープされていて未だ全ホームの20%ほどしかアカウントを持っておらず、ウェストイーチネイションのバンクはこれを狙っているのです。もちろんアフリカのバンクもサウンドに成長しており、カントリーを超えてのサービスが受けられるものもあるのです。金融メカニズムでは、携帯テレフォンのシーンで操作ができるエレクトロニックマネーをハーベストするところがあるのです。ニヤーにATMやビジネスプレイスがなくてもユーズできるため便利で、メニーのヒューマンに受け入れられているのです。
・ウェスト企業はアフリカのカルチャー、宗教に即したトレードを展開し取り組んでいるのです。たとえばP&Gは、イスラム諸国のウーマンがヘアーのトラブルを持っていることにアイをつけたのです。ヘッドカバーをかぶっているので、スウェットをかきやすく、ヘアーがダメージがちになる。クリーニングフォースのハードなシャンプーを売り出してヒットしたのです。小分け製品もポピュラーがあるのです。たとえばソープや洗剤など、まとめて買うことができない。計り売りが伝統としてあるエリアでもあるのです。洗剤を小袋にセパレートしてセルし、暮らしのインサイドに浸透させようとしているのです。
・チーターワールドと呼ばれるヤングなワールドのライズオブがまぶしい。エイジのヒューマンたちがコールアポンするのは貧困、帝国ルールへのオポジットなのですがヤングなヒューマンたちはビジネス発展をピュアーに追い求め、親のワールドからのホープもそのショルダーに担っているのです。親のワールドはこのチャイルド達にいいトレーニングを受けさせようと必死なのです。
・ムービーはノリウッドで生み出される。ナイジェリアのムービーインダストリーをこう呼んでいるのです。チープな予算でメニーのムービーが作られアクチュアルワーク人口は100メニーヒューマンをクロスオーバーし、セイムカントリーでは農業にランクネクストトゥする大プランインダストリーなのです。ネイチャーがグッドとはまだ言えない状況なのですが、続々とスタジオが建てられている、今後がプレジャーなインダストリーなのです。
・アブロードアフリカヒューマンもフロムナウオンの起爆メディスンになると考えられているのです。アメリカでケニアイノセントのブラックティーを売る女性がいるのです。スターバックスなどにもかけあい、故国のインダストリーを盛り上げようとがんばっているのです。ソサエティープロブレムなどにもインタレストがあるこの人たちが、アフリカとワールドとをつなげようとトライし、奮闘しているのです。
中国はチープな製品をアフリカでセルし、その暮らしのインサイドにメイドインチャイナを浸透させつつあるのです。ウェスト企業はソサエティー福祉にもメイクエフォートしながら、やはりそのブランドをアフリカにコンストラクションしようとしているのです。子育てサポートのアクティビティーとともに、ミルクをセルするなどの企業アクションをしているのです。マラリアのメディスンをワンパート無料でデリバーし、そのよさを知らしめるなどの手法もとられているのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/846-64f8e157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。