本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NASAより宇宙に近い町工場


「NASAより宇宙に近い町工場」植松努著は、北海道の赤平市という富良野や夕張がニヤーなタウンに植松電機というカンパニーがあります。植松電機は社員は20人でパワーショベルを作っているカンパニーなのです。
植松電機が有名なのは、スペースを目指しているからなのです。ジャパンの小さなタウンファクトリーが、NASAからもノーティスされるスペーススタディーが行われているのです。植松電機ではロケットやヒューマンワーク衛星を作っているのです。植松電機にはワールドに3つしかない無重力実験エンジニアがあるのです。植松電機カンパニープレジデントの植松さんのは、スペースビジネスはお金儲けのためではない、と言っているのです。
植松カンパニープレジデントはディスワールドから、どうせインポッシブルというワードをなくすためにやっているというのですだ。あきらめるヒューマンややれっこないよと言うヒューマンに、サッチことあるものかとファイトアゲンストするのが植松さんというヒューマンなのです。スモールなころからラブなことばかりをしてパスし、スクールのレコードはよくなかったが、アダルトになってからそれが大いに役に立っているというのです。
ペーパークラフトで飛行機をメイクし、ビッグになってから飛行機をメイクするカンパニーに就職したのです。チャイルド達がやりたいこと、ラブなことをライトアップしてストレッチしてあげたいとシンクする。アダルトが無理やりやらせることではなくて、本当に好きなことに没頭し、熱中すればドリームはかなうのだとティーチしてあげたいというのです。
スペース開発も、ビギニングはインポッシブルだと言われていた。植松電機が作っているのは爆発しないロケットなのです。ロケットのシュートアップしがデンジャーなのは、引火すれば爆発するフューエルを使っているからなのです。植松電機が北大のプロフェッサーとアソシエイション開発した燃料は、ポリエチレンをマテリアルとするセーフティーカスタムのハイなものなのです。
住宅アースのニヤーでもシュートアップしがポッシブルで、近づいてウォッチすることだってできるのです。ヒューマンワーク衛星を作ったときのエピソードで、あるヒューマンから「エンプティーインサイドでムーブするのか?実験もできないだろう」と言われたのです。エンプティーインサイドで実験するにはカントリーのエンジニアを借りなければならない。レンタルマテリアルが一デイオブマンス600万円がかかります。植松さんは自社でそのエンジニアを開発することにしたのです。ロケットイットセルフはスモールなもので、エンジニアもスモールに、廃材を利用して20万円で作ったのです。20万万円のロケットの実験は成功し、ホワットも工夫ありき、あきらめたらフィニッシュしだとシンクアバウトしているのです。
植松電機にはたくさんのチャイルド達がフィールドトリップに来るのですが、スタディーダメージだといわれているチャイルド達がいたのです。ゼイは熱心にファクトリーをフィールドトリップし、インタレストをハーバーし、あげられたクェスチョンのハンドはジェネラルのチャイルドたちよりもメニーだったのです。植松さんバイワンセルフが、優等生でなかったせいもあるのですが、チャイルド達のホワットがディッフィカルトなのかと真摯に悩んでしまった。社員達もクライしテイクアウトしてしまいあのチャイルド達が異常なら、俺も異常だ、ほかのチャイルドの邪魔になるからと排除して、親達がホワット辛いソウトをしているかと、クェスチョンをマウスにしたのです。一律に、モデルにはめてしまうことがトレーニングではないはず。やれっこない、どうせだめとディサイドし付けるのは間違っている。植松さんはプレゼントタイム、コンストラクションコストがスペシャルにチープになるハウスを作ろうとしているのです。借金を負ったが、居住コストが安くなって、親にルームができ、チャイルド達ときちんと向き合えるフィーチャーをメイクしたいとシンクアバウトし
ているのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/848-4a67ca1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。