本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

累犯障害者

累犯障害者 ¥ 1,470 山本 譲司 新潮社 (2006/9/14) 著者、山本譲司氏は菅直人氏の秘書を経て都会議員、衆議院議員を務めるという経歴を持つ。その彼が、政策秘書給与の流用事件を起こしたのが2000年。2001年に実刑判決を受け、400日あまりの獄中生活を送る。本書で何度も繰り返されるのが、「議員であった当時、福祉政策に取り組んでいたと自分では言っていたが、国会で論じられている福祉政策は実に皮相なものでしかなかった」「セイフティネットなどと言っているが、実のところずさんな網でしかない。」などということ。実際にその目で刑務所での生活を見て、現実と政治の落差を実感したというところであろう。その彼が、もっとも今関心を寄せ、社会的にも運動を行っているのが障害者の犯罪者に関する問題である。刑務所には障害者で刑に服している人がたくさんいる。そして、その大半が帰るところがなく、刑務所にいるほうがよほどましだといって再犯を繰り返す。人に言われたことを否定できず、おうむ返しにするしかない知的障害者の人たちは、警察の取調べで警察の思い通りの調書をとられてしまう。また、それを食い物にするような暴力団の姿も描かれている。彼らを養子にすることで 、障害者年金を取り上げる「父親」がいるのだという。日本の福祉では、日常生活ができるかどうかということで障害のランクを分けている。よって、日常生活はできるが、その他の援助が必要な人たちが福祉の網からもれることが多い。障害を抱えながら、誰からも助けてもらえず、パンや自転車を盗むという軽微な犯罪で刑務所に送られる障害者たち。そして、刑期を終えたとしても受け入れる施設はない。その現状に寒々としたものを感じざるを得ない。刑務所にいる障害者には、国の予算が一人当たり270万円ふりわけられているそうだが、その更正プログラムもまともに機能していない。自分が犯罪被害者の立場であったらやりきれないだろう。しかし、犯罪を犯さざるを得ない人たちが生み出される現状にもやはりなんともいえない思いがある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/85-fbe5bbd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。