本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀秀道の水晶の本


「堀秀道の水晶の本」堀秀道著は、クリスタルを鉱物としてとらえたワンセルフなブックです。鉱物ファンにとって、クリスタルは圧倒的にユニバーサルマークでありかつスペシャルな鉱物なのだそうです。
クリスタルは、たいていの鉱物の産地でその採掘に伴って採れるものなのです。まれに採れないところもあるが、鉱物の採掘とクリスタルは切っても切れない関係にあるのです。
鉱物コレクターはメタルの鉱物がラブだが、そのようなヒューマンでもクリスタルについては熱くトークすることが往々にしてある。ヒストリーマークにウォッチしても、実用品であったり、マジックマークな意味合いを持っていたり、クリスタルは実にワンダーな鉱物であるといえるのです。
クリスタルは酸素と珪素からできている。採れるのは地球のスキンのパート、地殻と呼ばれるプレイスである。ロングな年月をかけて、まるでラッシュアワーにヒューマンが押されて密度がハイになるように規則マークなシェイプに整えられてゆくのです。
クリスタルと言っても、そのカラーやシェイプ、様々なものにカテゴリーすることができるのです。アメジストはアメシストが、オフィシャル名称でパープルカラーの色合いをウェアーしたクリスタルで、フェブラリーの誕生石として宝石のサービスをアクセプトするクリスタルなのです。
アメシストのヴァイオレットは、クリスタルのインサイドに入った三バリューのアイアンイオンが、放射線のエフェクトをアクセプトしてチェンジし、発色するのです。アメシストはカレント、ヒューマンのハンドで合成してメイクすることができる。できがよく、ネイチャーのものとの見分けが案外とディッフィカルト。もともとロープライスな宝石であることも加味して、ジャパンでは特に区別されずにショップフロントに並んでいるのです。
クリスタルはジャパンのマウントでもよく採れる。山梨県にはよい鉱脈があり、フォーマーはよく掘られていた。クリスタル掘りをワークにしていたヒューマンも、最近まではいたのである。ライターはそのパースンから、ねじれクリスタルという珍しいシングを譲ってもらった。クリスタルというネームが入ったプレイスネームもメニーにあり、古来からイーチパースンがクリスタルに親しんできたというのがよくわかる。
ライターのコレクション、ワールドのクリスタルの産地なども上げられているのです。ラストにネイチャーシングのクリスタルのテルアパートしパースンですが、一メインラインを引いたペーパーのオーバーにボールをプレイスオンしてみて、本物ならラインが二ブックに見える。ダブル屈折という光学マーク現象のためです。理化学メーカーに持ち込んで、赤外線アトラクションスペクトル測定という技法をリクエストすることもできる。だがハイプライスなので、そのバリューありとデシジョンされるボール以外はオファーしできません。
ライターが最近、独自でシンクアウトした手法がボールのインサイドにできるライトのリングをウォッチするメソッドで、透明なボールのインサイドにはライトのリングができる。これが均等であるのがヒューマンワークシング。ネイチャーのシングには輪のふちが膨らんでいるプレイスがあり、それが左右対称に見える。これは新しい見分けの手法であり、今後どこかで発表するプログラムとのことです。

スポンサーサイト

コメント

デコログ

デコログ掲示板で出会いを楽しみませんか?ちょっとした出会いからHな出会いまで幅広い出会いを提供しているのはデコログだけ!楽しくない毎日を刺激のある毎日に変えましょう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/851-da14079e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。